狂言師・野村萬斎が出演しているKUMON(くもん)2月無料体験「KUMONは、まる」篇CM。

なんだか久々にCMで野村萬斎を見掛けた気がするなぁ、なんとなく。
確かホンダのCMに出ていたのは覚えているんだけど、それ以降何か出ていたっけ?

やはり個人的には久々ということもあってか、老けたなぁとどうしても思ってしまう。

【スポンサードリンク】

Wikiを確認してみたらもう47歳ということで、老けて見えるのも当然という感じかもしれない。
別に老けて見えるのが悪いことでは全然なくて、良い歳の取り方はしているように思う。

枯れ方が良いというか何というか、貫禄がついてきたなぁと思わなくもないですな。

1997年に放送された朝ドラ『あぐり』で彼を始めて見たんだけど、
ほんとその時は「なに、このひょろっとした人は!?」と、普通に思っちゃったもんなぁ。

その頃と比べても断然良いオジサンになったものです、ほんとに。

しかし、段々と俳優のイッセー尾形に似てきているように見えて仕方がない。
顔のシワが増えてくるなどしたら、かなりソックリさんになっちゃいそうだなぁ。

イッセー尾形ベストコレクション’99「世紀末ってナニ??」 [DVD]

イッセー尾形 – Google 画像検索

まあ、個人的にはイッセー尾形も好きなので何も問題はないんだけどね。


で、だいぶ脱線しちゃったけど今回のCMの話。
まさに狂言師的な立ち回りを披露しててなかなか良いですな、趣がある。

とはいえ、このポップなBGMがどうにもマッチしていないように思えてならないんですが……。

KUMON(くもん)のCMなんだから、そういう意味では合っているのだろうけど、
狂言との組み合わせと考えたら、ものすごく違和感を覚えてしまうものだ。

ここで音楽までをも伝統芸能にしたところで、子供が食い付くわけがないのは分かるものの、
KUMON(くもん)に“通わせる”のは親御さんなんだから、
そちらをターゲットにしても良かったんじゃないかと思わなくもないです。

以下の別ヴァージョンである「KUMONに、質問あり」篇CMような、
ただ野村萬斎が出演しているだけみたいな内容ならこのBGMでもしっくりくるんだけどなぁ。



しかし、これだと動きがないのでちょっと味気ないけどね。


サントリー・ボスグリーン「毎日の習慣・昼/夜」篇CM、去年ブレイクの片岡愛之助&大久保佳代子を起用したことにより大森南朋が完全に脇役になってて残念過ぎる……

明光義塾・YDKのうた「フォーク」篇CM、これでもかというくらい優しい歌声に心が染み入る!(若干シュールだけど)

【伊勢谷友介】COCO塾ジュニア「翼をつくる男」篇CM、ファンタジーの中に現実的なものを感じざるを得なくて悲しくなる……

狂言サイボーグ (文春文庫)
野村 萬斎
文藝春秋 (2013-01-04)
売り上げランキング: 69,683


[ad#336×280]






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation