DMM英会話「板前のデービッド」篇CM。

まずDMMがこんな事業までやっているということに驚いてしまうね。
以前はDMMと言うと、大人向けのコンテンツしか思い浮かばなかったんだけどなぁ。

【スポンサードリンク】

ま、それはさておき、このCM。
出演している外国人さんによる英語の畳み掛けがなかなか面白いです。

外国人さんの中には、自国の言葉は世界共通語なんだから、
意地でも他国語は話さないぞ!という人もいるだろうからねぇ。
ある種のリアルさがあるような気がして、なかなか興味深い気がする。

あと、3人目のお見合いのシーンに登場する方が個人的には一番気になってしまった。

「アイライク・サイエンスフィクション、アンド、アメリカン・アニメーション」
とかなんとか言っていて、明らかにオタクなわけだけど、
外国人オタクでも喋り方っていうのは日本のオタクと同じような感じになるものなのだね。

具体的にどういったものがオタク的な喋り方かというのは言葉で表せないけれど、
聴けばなんとなく分かる感じなんだよな、独特なイントネーションというか何というか。

その辺も世界共通なのだと、ひとつ勉強になりました。


DMM.com「半額キャンペーン」CM、有吉さんじゃなくとも「おい!」って言いたくなる

DMM.com証券CM、清原とローラが兄妹設定という時点で腹筋崩壊レベル!

「ネットで英会話」をはじめるならDMM.comのオンライン英会話

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)
岡田 斗司夫 FREEex
幻冬舎
売り上げランキング: 3,458


[ad#336×280]






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation