日本経済新聞の「身のまわりに経済(家庭)」篇CM。
この静止画が経済情勢によって、どんどん切り替わっていくという切り口が非常に面白い。

同じコンセプトの「デート」篇だと登場人物が一度に2人だったのに対して、
今回は最大6人ということもあってか、なかなかその変化が見応えある。

【スポンサードリンク】

なんか“間違い探しクイズ”的な要素もあって、ほんと観てて楽しいね。

経済状況により顔の表情は変わるものの、体のポーズは全く一緒なので、
どうやって撮影したのかが気になってしょうがない。

まさかフォトショップなどの画像編集ソフトを使ったとかなのかなぁ?
だとしたら相当な技術力な気もするんだけど、まさかねぇ。

でも、毎回アイテムが増える毎に写真撮影していたんでは、
さすがに出演者さんのポーズが崩れていってしまうだろうし、謎ですわ。

時々こういった手法が使われたCMってあると思うんだけど、
どういう製作過程になっているのかが気になってしょうがない。


日本経済新聞「身のまわりに経済(データ)篇」 CM、男から見たら嫌われるタイプの女性

日本経済新聞

日経新聞の「本当の読み方」がわかる本 ニュースを関連づければ知識に変わる
小宮 一慶
日経BP社 (2010-02-11)
売り上げランキング: 31,959


[ad#336×280]






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation