【スポンサードリンク】

ヒット景気冷めやらず『あまちゃん』能年玲奈と『半沢直樹』堺雅人のCMギャラが高騰中!

今夏の大ヒットドラマといえば、『あまちゃん』(NHK)と『半沢直樹』(TBS系)。広告業界では、それぞれのドラマに主演した能年玲奈と堺雅人のCMギャラが倍増する勢いだという。

能年の昨年時点でのCM契約基準価格は300~800万円だったが、ドラマ効果で最高2,000万円にまで跳ね上がりそうで、一方の堺も2,000万円から3,500万円にアップ

「能年に至っては、朝ドラのヒロインに抜擢された時点で1,000万円にアップしたばかりなのに、ここにきてさらにアップですからね。堺にしても、ドラマ放送中の3カ月間で1,500万円も値上がりしましたから、両者ともすさまじいほどの“インフレぶり”です」(週刊誌記者)


先日能年玲奈のCMギャラ倍増に関する記事を書いたんだけど、
やはりというか何というか、同じようにドラマがブレイクしている堺雅人のギャラも
アップしているみたいですな。「倍返しだ!」みたいに倍増とはいかなかったようだけど。

しかしまあ1500万円の値上がりとか、一般人の感覚からしたら物凄いものですよ。
ほんと一発当てると大きいとはよく言ったもので、一夜にして跳ね上がるから驚愕してしまう。

堺雅人と言えば、10年以上前に深夜ドラマで田中美保と共演していた頃から知っているけれど、
あの頃はほんと無名で影の薄い眼も細い、華の無い俳優さんだったものの(でも雰囲気はあった)、
あれから着実に実績を上げていき、ずいぶんと出世したものだよね、非情に感慨深いです。

だけど、一つのドラマでヒットしてしまうと、そのキャラが根強く記憶に残ってしまって、
ドラマ制作者さんが新しいドラマを企画したとしても、
堺雅人を起用する場合『半沢直樹』系の演技を欲しがるのだろうと想像に難くないや。

『半沢直樹』の一つ覚えみたいな感じで、どの役をやってもそれになっちゃわないか、
これからが心配でもありますな(『のだめカンタービレ』の上野樹里みたいに)

ま、そんな半沢ブームの中、以下のような記事を発見。

堺雅人、『半沢直樹』ブームに浮かない顔! 「プライベート詮索に大クレーム」

そりゃあ誰だって私生活を暴かれると腹が立つでしょう。
しかし、これが有名税というやつなのだろうから何とも言えないけどね。


【あまちゃん効果!?】能年玲奈のCMギャラが倍増して2000万円まで跳ね上がる!

TOYOTOWN(トヨタウン)「夫の秘密」予告篇CM、相変わらず堺雅人という存在が謎過ぎる

トヨタ「TOYOTOWN」CM、評価が高いらしいけどイマイチ良さが分からない

日曜劇場 半沢直樹 オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ
SMD itaku (music) (2013-09-04)
売り上げランキング: 45


[ad#336×280]






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation