風をさがして

不倫騒動で一時芸能活動を自粛していた矢口真里
そんな彼女が最近になって徐々にメディアへの露出を増やしつつあるらしい。

かなりのイメージダウンを余儀なくされたとは思うんだけど、まだ需要があるのだろうか?
特にワイドショー好きな主婦の方々には相当嫌われていると思うんだけど。

それでも、何かしらの見込みがあるからこそ芸能活動復帰を決断したのだろうね。

【スポンサードリンク】


矢口真里が「安い女」として広告業界に人気!? ギャラ底値のお買い得タレントとして復活か

 だが発売中の「週刊新潮」(新潮社)によると、矢口のCMギャラは相場の底値である「500万円くらい」にまで落ち込んでいるという。不倫騒動でイメージがとことん落ちてしまった結果といえるが、「ワイプの女王」とまでいわれた矢口がぽっと出の若手タレントと変わらないのは何とも切ない。

 しかし、この「格安ギャラ」が思わぬ需要を生み出した。

 前述のエステ会社をはじめとした新興企業が「安くて話題性のあるお得なタレント」として注目しており、CMオファーが複数申し込まれているのだという

 大企業がイメージ的に矢口を起用することはあり得ないが、新しい企業は世間に注目してもらうことが広告の最優先事項。会見を開けばマスコミが殺到し、自ら不倫ネタでわかせることで記事の扱いが大きくなる矢口はうってつけのキャラクターということになる。


そりゃあ、今となっては“格安ギャラ”になっていることでしょう。
起用する側のイメージをも損なう可能性も多分に含んでいるわけだしね。

にも拘らず、CMオファーなどが複数申し込まれているという現実が凄いとしか言いようがない。

確かに新興企業にとってはチャンスかもしれないものの、
その判断は本当に大丈夫なのか? と、少しばかり心配にならなくもないですな。


ある種“諸刃の剣”、そういうのを了解した上での起用というわけか。
しかし、世の中にはクレーマーさんがわんさかいることだし、その対応も考えるべきなのかも。

その辺の事を考えたら、割に合うのかどうかはやってみないと分らない、そんな気もする。


ちなみに、そんな矢口さんが新たに出演することとなったCMは以下の通り。
元モーニング娘。の3人が広告キャラクターになっているみたいです。

矢口真里、辻希美、高橋愛が新ユニット結成!
「肌に注目して」「全身脱毛革命サロン・脱毛ラボ」イベント1




個人的には久々に彼女を見たわけだけど、結構太っちゃったんだろうか?
パッと見変わらないように思うものの、首がやけに太く見えてしまう。

まあ、謹慎中なんかは特に不摂生してそうなイメージだもんなぁ(あくまで想像だけど)
一番上に貼っているCDジャケットの写真と見比べてもずいぶんと老けてみるものです。


しかしまあ、こういったメディアへの露出が段々と増えていき、
そういった積み重ねがあった後に、また普通の芸能活動が送れるようになるのだろうね。

ある程度、弁が立つタレントさんというのはどの番組でも重宝するわけだし、
喋りが間々ならない若手が増える一方だとしたら、矢口さんに白羽の矢が立ちそうな予感。


上にリンクした記事によれば“芸能界のドン”が後ろ盾にいるようで、
遅かれ早かれ、元のお茶の間タレントに戻っちゃうのかもなぁ。何とも言えませんな。

不倫幸福論 (幻冬舎文庫)
有川 ひろみ
幻冬舎
売り上げランキング: 25,580






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation