石井杏奈、小松菜奈が出演しているドコモdビデオ「家」篇CM。
この一連のシリーズを個人的には密かに気に入っていたので、続きが見れて嬉しいです。

一体彼女らがどういう関係性を築いていくのかずっと気になっていたんだけど、
なにやら今回はすでに仲良くなった後の話が描かれているみたい。

【スポンサードリンク】

前回までの話では、石井さんの方が転校生の小松さんに対して
多少拒絶反応を示しているように見えていたのに、いつのまに友達になっちゃったの?

家に呼ぶくらいだもんなぁ、それまでには色々と段階を踏んでいると思うんだ。
そういうものを描く前にいきなり今回のCMだと、ちょっと「え!?」ってなってしまう。

色々と紆余曲折がありつつも関係を深めていく、そういうのを観たかったんですが……。

まあ、小松さんの方が何かにつけて色々とちょっかいを出してくるなどして、
そして石井さんの方が強引に絡め取られたという感じだろうことは想像に難くないです。
(CM的には“dビデオ”こそが2人を結びつけたということにしたいのだろうけれど)

しかし、想像はいくらでも出来るんだけど、やはりそれを映像として観たかった。
なんだかものすごく期待して待っていただけに、残念でならないや。

それにしても、石井さんが発する方言はどこのものなのだろう?
もうええけえ!」とか、ちょっと中国地方っぽい感じがするんだけどなぁ、なんとなく。

ちなみに、このCMのロケ地は千葉県とのことです。

中島哲也監督、CMに美少女2人を大抜てき

CMは、「出会い篇」を皮切りに「転校生篇」「家篇」と、少女ふたりの関係性が映画を通じて変化していくさまを、5話のシリーズで描く。撮影は7月中旬に千葉県で行われ、「撮影期間が長かったので、CMじゃなくて映画を撮影しているみたいでした」とふたりが口をそろえる。

舞台は千葉とはいえ、あの方言が千葉弁ってわけじゃないのだろうね、当然ながら。

というか、上の記事によればこのシリーズって全5話ということみたいなので、
残りは後2話ということになるみたいですな。

このまま、仲が良いままで終わるのか、はたまた何かしらの破局があるのか、気になるところです。
小松さんがまた転校するとかいう展開になったら笑うけど(ベタ過ぎて)


ドコモdビデオ「出会い・転校生」篇CM、石井杏奈の最後のセリフに笑ってしまう

Xperia feat. HATSUNE MIKU(初音ミク) 「Inspire」篇、送り手と受け手のいる風景

ソニーモバイル「瓦割り篇~この感覚が、Xperia™~」CM、なぜ寂れた遊園地で瓦割りしてるの?

クルクル (CD+DVD)
クルクル (CD+DVD)
posted with amazlet at 13.10.21
e-girls
rhythm zone (2013-11-20)
売り上げランキング: 238


[ad#336×280]






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation