菅田将暉、松田翔太、桐谷健太、濱田岳が出演しているau NETFLIXプランCM「紙芝居屋さん」篇。

今回は、もはや定番となっている(?)鬼ちゃんの副業ネタ
CMのアイディア出しに困ったら、このネタに飛びついている印象が無きにしも非ずですな。

しかし、紙芝居が見放題というのも、なんやかんやで辛そうなサービスではある。
それこそ、何時でもどこでも見せに行かないといけないとしたら、重労働過ぎでしょう……。

(一度に複数の契約者がいたとしたら、どうやって対応するのかが気になって仕方ない)

【スポンサードリンク】


【15秒Ver.】

「はい、紙芝居だよ~!」
「鬼ちゃん、また副業?」
「今なら好きなだけ見放題」
「すごいラインナップ」
「一番人気はなんですか?」
「この『浦島失恋物語』っす」
「ノンフィクションかよ!」

「NETFLIXも楽しみ放題、新プラン登場」


【30秒Ver.】

「はい、紙芝居だよ~!」
「鬼ちゃん、また副業?」
「今度は紙芝居屋さん、好きなだけ見放題っす」
「わぁ、すごいラインナップ」
「なに、『桃太郎と豆の木』?」
「『金太郎の恩返し』ってなに?」

「今一番人気は、『浦島失恋物語』っす」
「なにそれ!?」
「乙ちゃんに振られたり?」
「それだ!(笑)」
「シーズン5まであるっす」
「大作だな、おい」

「NETFLIXも楽しみ放題、新プラン登場」

「もう別れましょう、浦島さん」
「俺、何回振られちゃうわけ?」
「102回っす」「多いな!」


で、今回鬼ちゃんが持参した紙芝居のラインナップは以下の通り。

・浦島はつらいよ(壱、弐)
・乙姫毒殺事件簿(壱、弐)
・赤鬼と青鬼とおにぎり
・笠地蔵とかぐや姫と私
・鶴の倍返し
・鬼の国から
・浦島失恋物語(壱~伍)
・桃太郎と豆の木
・金太郎の恩返し
・猿カニ合戦の真相
・一寸法師のゆくえ
・恋する織姫
・勇者彦星
・参年寝太郎の言い訳
・おむすびころりん選手権(壱、弐)



基本的に、これまでCMに登場してきた人物に関連した物語ばかりという感じだろうか。
もしや、この紙芝居は鬼ちゃん自身が自作しているからこそ、知合いのことを描いている?

まあ、たぶんそういうことなんだろうなぁ、物語のネタも簡単に見付けやすそうだし。
皆、意外と狭いコミュニティの中で生きているっぽいので、身内ネタの方がウケがいいのかも。


個人的には、「猿カニ合戦の真相」と「参年寝太郎の言い訳」が非常に気になってしまう。
おとぎ話で語り継がれていることが実は真実ではなかった!的な話なんでしょ? たぶん。




【桐谷健太】au 家族ナツ得CM「おうちの歌」篇、今回もBEGIN作曲?と思ったら違うんか~い!(曲調似すぎ)

【桐谷健太】au CM「つくろう」篇、脈絡がなさ過ぎて何とも言えない(もうちょっと“おとぎ話”に絡めて欲しい)







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation