松田翔太、桐谷健太、濱田岳が出演しているau CM「つくろう」篇。

う~ん、なんなんでしょ今回のCMは。脈絡がなさ過ぎて何とも言えないものだ。
auの商品やサービスに関連していると思いきや、そうじゃないっぽいんだもんなぁ。

なんかもうこの三太郎シリーズって、その世界観で遊び過ぎな感があるんじゃなかろうか。
製作者側はマヒしているのかもだけど、見ているこちらは付いていけない部分が多々有り。

【スポンサードリンク】


「ちょっと浦ちゃん、どうしたの!?」
「海で拾った」
「ん、手紙?」
『かみさま、どうか、うらちゃんのいえを、つくってあげてください。
 よろしくおねがいします』

「優しい子だよね」
「そういえば、浦ちゃん家って行ったことないね」
「確かに」
「なんで!? 今来てんじゃん!」
「は?」「今?」
「うち、こーこ!」
「ハハハハ、えーーーーーー!!」

「え、ここ浦ちゃん家だったの!?」
「壁ないじゃん」
「オーシャンビューだよ♪ しかもプライベートビーチ付き」
「人がいないだけだぞ!」
「ちなみに、ここでどうやって寝てんの?」
「こうしてる」
「ハハハ、ねぇねぇ雨の日は?」
「こうしてる」
「こんな家住みたくねぇーー!」

「浦ちゃん、つくろう!」
「え、つくる?」
「イケてる家をさ」
「みんなでつくろう!」
「つくっちゃう?」
「つくろー!」

「みんなつくろう、au。だって、夏だし」


なにやら、Youtubeの説明欄にて以下のような文言を発見しました。

このCMは、ある女の子から三太郎スタッフ宛てに届いた
一通のお手紙をもとにつくられました。

その手紙には「桃ちゃんと金ちゃんの家はあるのに、
浦ちゃんの家が出てこないので、浦ちゃんの家を作ってあげてください。」と。


お手紙をくれたこの女の子の願いをみんなで叶えよう!と、
「浦ちゃんの家つくろう」プロジェクトが、この夏はじまりました。


なるほど、このCMって実際に送られてきた手紙を元にして製作されたわけか、へぇ~。
そして、本当に「家を作る」というプロジェクトが始まった模様。

これはあれかな? いいかげんCMのネタが枯渇しているところで渡りに船だったり??
段々と「おとぎ話」ネタからも掛け離れた感じになっていたし、ほんと何でも有りな感じですな。

頼むから、無理やりにでも「おとぎ話」に絡めて話を展開してくれ! と思わずにはいられない。
その作品シリーズの骨子というものがブレたら絶対駄目だと思うんだけどなぁ……。


そんな中で、ネット検索をしていたら以下のような記事を発見。


有村架純・菜々緒・川栄李奈、“三姉妹”初イベントに喜び「うれしい」

発表会では、3人も浦ちゃんの家のアイデアを提案し、有村は「三角形のわらの家」、菜々緒は「いろりと大きな台所」、川栄は「犬がいっぱい犬小屋」とそれぞれ発表。浦ちゃんをイメージして考えた有村と菜々緒に対し、川栄は「私も犬を6匹飼っていて・・・。浦ちゃんを無視してます」と自分の好きなものを詰め込んだ家を提案していた。


かぐや姫役・有村さんのアイディアである「わらの家」は、一応童話に絡めている?
やっぱり、何かしらそういう関連性を持たすべきだよね、うんうん。

ほんと脈絡のなさが極まってくると、某白戸家の二の舞になっちゃう気がするので、
何が何でも、こじ付けでもいいから、おとぎ話や童話に絡めた展開にすべきだと思うんだ。

(ま、せめてauのサービス等に絡めないと、一体何のCM?と成りかねないとは思う)

海の声
Posted at 2018.5.29
浦島太郎 (桐谷健太)
Universal Music LLC


【菅田将暉】au ピタット学割CM「グローバルな初恋」篇、まさかの女性ナレーターがサプライズ出演!(声だけの印象とはまるで別人)

【菅田将暉】au CM「鬼の親子/半額屋」篇、おとぎ話という世界観的に鬼は疎まれる存在、人間社会で職業選択の自由はあるのか否か








Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

«

Post Navigation