松田翔太、桐谷健太、濱田岳、菅田将暉、鈴木福が出演している
au ピタット学割CM「グローバルな初恋」篇。

赤鬼役である鈴木福くんの初恋の相手とか言われちゃうと、
「もしや、芦田愛菜ちゃんがサプライズ出演!?」とか思ったけど、さすがに無かったか

まあ、そんな露骨なことは本人目の前にして出来ないよね、さもありなん。
(実際、愛菜ちゃんが初恋の相手であるとか、こちらの勝手な憶測でしかないわけだけど)

【スポンサードリンク】


「おい、赤鬼! 好きな子出来たんだって?」
「え! お父さん、なんで知ってるの!?」
「へへ」
「あ、まさか……」
「いや、めでたい話だからさぁ」
「金ちゃんさぁ……」
「相談する人間違えちゃったね」

「でででで、誰誰??」
「いや、それは……」
「あの子」
「おい! 金太郎!!」
「オヤコデワラオウ」
「初恋からグローバルじゃねぇかよぉ」
「へへ」
「へへじゃねぇよ」

「オヤコデワラオウ、ピタット学割」
「オヤコデワラオウ」
「この声って」
「なんか」
「聞いたことある~」


芦田愛菜ちゃんのサプライズ出演は叶わなかったものの、
まさかの本CMシリーズのナレーションをしている女性がサプライズ出演! これは驚いた。

てっきり、日本人の方が外国人風に喋っているのだと思っていたら違っていた模様。
しかも、見た感じ結構若そうな方のようで、声だけの印象とはまるで別人に思えてしまう。


そんな中で、以下のような記事を発見しました。


ついに三太郎シリーズ100作品目!新CM「グローバルな初恋」篇 2018年3月30日(金)よりOA開始

そして、今回そんな赤鬼のヒロイン役として参加してくれたのはau三太郎シリーズのナレーションでおなじみのマリナ アイコルツさん。初登場ながらも、三太郎をはじめ出演者の皆さんの和やかさに、とてもリラックスして演技してもらうことができ、いつもの「オヤコデワラオウ」が響き渡っていました。スタッフも癒されたアイコルツちゃんの素敵な笑顔も見どころとなっています。
撮影終了後は、スタッフ全員で100作品をお祝いし、今後の更なる発展を願って笑顔でいっぱいの記念撮影となりました。

<マリナ アイコルツさんプロフィール>
身長:154cm
生年月日:2000年7月22日
国籍:アメリカ/日本
幼少の頃より子役としてTVドラマ、CM等で活躍。2015年のau三太郎シリーズではスタートよりナレーションを担当し、絶妙な外国人風ナレーションで注目を集める。
最近の出演歴:CX系「奇跡体験アンビリーバボー」NHK「コズミックフロント」東芝ダイナブックTV-CMナレーション


なにやらマリナ・アイコルツさんという女性らしい。
しかも、現在17歳のようで、こちらが思っていた以上に若かった! 高校生なのかな。

なおかつ、子役としてこれまでにも色んな作品に出演しているとのこと、ほーん。
それなら声だけじゃなく、演者として出てくるというのも頷けるところです。

マリナ アイコルツ – Google 画像検索(← 彼女のご尊顔


ちなみに、「東芝ダイナブックTV-CMナレーション」というのは、以下のCMのことなんだろうか?



まだ幼い女の子の声という感じだけど、約5年前の作品なので年齢的には合ってそうではある。
最近のダイナブックCMだと男性ナレになっているので、昔のCMなのは間違いなさそう、たぶん。


ま、今回こうやってau CMにサプライズ出演となったわけだけど、
これを気に色々とメディアへの露出も増えていく感じになるのかなぁ? なんとなく。

人気のCMに出演すると一気に知名度が上がっていくきらいがあることだし、
ハーフ・タレント枠の一角になっていくのか否か、ちょっと気になってしまう。

(でも、普通に外国人顔をされているので、役者としては少し使いづらそうではある)



【菅田将暉】au CM「鬼の親子/半額屋」篇、おとぎ話という世界観的に鬼は疎まれる存在、人間社会で職業選択の自由はあるのか否か

【川栄李奈】auピタットプランCM「ピタッとくる」篇、金太郎&浦島太郎は“あだ名”をつけられても言葉を理解できていない疑惑








Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation