松田翔太、桐谷健太、濱田岳、有村架純、川栄李奈が出演している
auピタットプランCM「織姫、登場」篇。

前回CM「大きな桃」篇の続きのストーリーとなっているらしい。
桃が川から流れてきたわけじゃなく、空から降ってきたというのは伏線だったわけか。。

しかし、毎回脈絡がないというか……、そのあたり深く考える方が野暮なのかな?

【スポンサードリンク】


「桃、でかっ!」
「まさにビッグニュース!」
「じゃあ、パッカーンする?」
「おりゃー」
「え、織ちゃん?」
「かぐ姉!」
「元気だった?」
「チョー元気!」

「お知り合いですか?」
「妹の織姫」
「おいーっ!」
「え?」
「えーーー!!」
「さらにビッグニュース」
「織ちゃんて呼んでいいぞ」
「態度もビッグ!」

「auからビッグニュース! 1,980誕生」

「で、なにしに来たの?」
「彼氏探し?」
「そっか、彼氏欲しいんだ」
「おいーっ!」


なるほど、かぐや姫の妹役として織姫なのか、それで空からやってきたのですね。
てことは、あの桃は宇宙船の役割を担っているということ? なんという科学技術。



(※7秒あたりに、桃が空から降ってきます)

そうなってくると、実は桃太郎自身も空から降ってきたということになるのだろうか。
かぐや姫や織姫と同じく、宇宙にルーツがあると考えると少しロマンが広がらなくもない。

同郷の民だからこそ、桃太郎とかぐや姫が結婚したのだと考えるとしっくり来る。
しかし、そうだとすると、誰が赤ん坊の桃太郎を送り出したのかが気になってしまうけれど。

(ちなみに、長姉の乙姫も桃で来たのかな? 誰にも拾われず海底に沈んだ感じ??)


それにしても、織姫のキャラ造形が、またこのパターン? と思えてならないんですが。
態度のデカさというか、チャラさというか、その辺が鬼ちゃんや一寸に似すぎでしょ……。




もうちょっと目新しいキャラは作れなかったのかなぁ? 織姫さん。
毎度こんなキャラばかり増やしたところで、同じノリにしかならない悲しさがある。

「ビッグニュース」というワードに引っ掛けたかったのなら、
いっそのこと、身長がビッグサイズな女性でも起用したら良かったのでは??

それこそ、大林素子さんとかでもいいじゃない(適当)


川栄李奈ファーストフォト&エッセイ『これから』
川栄 李奈
幻冬舎 (2016-01-20)
売り上げランキング: 41,834


【松田翔太】AU STAR(スター)CM「お供の契約」篇、きびだんご1つで2年契約なのだろうか?

【松田翔太】AU(エーユー)CM「春のトビラ・やってみよう」篇、童謡の替え歌かと思いきやオリジナル楽曲なのですね






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation