松田翔太、桐谷健太、濱田岳、前野朋哉、アリーシャ・コリンズが出演している
au世界データ定額「海外の人」篇。

これまでガラスの靴や金の斧&銀の斧など、海外童話のガジェット自体は出て来ていたけれど、
今回はまさかの海外童話の登場人物自体が登場しちゃうとか、ほんとビックリさせられました。

一体、このCMの世界観はどうなっちゃってるの!? と、思わずにはいられない。
何でも有りとはいえ、ここまでくると思わずポカーンとさせられるものだ。

【スポンサードリンク】


「一寸、フェスってどこよぉ?」
「あ、誰か倒れてる!」
「え、ちょっと!!」
「大丈夫かなぁ?」
「綺麗な人だなぁ!」

「あ、これ海外の人だ」
「海外?」
「実は、海の向こうには国があって……」
「目覚めても綺麗だなぁ!」

「Where am I?(わたしはどこにいるの?)」
「Don’t worry. What happened though?(心配しないで、一体何があったの?)」
「I don’t know(わからないわ)」
「通じてる……」

「Hey Wanna bite?(一口食べる?)」
「No. I don’t wanna pass out(いや、気絶したくないので……)」
「え、桃ちゃんて?」
「海外の方?」

「大丈夫っぽい」
「うん……」
「海外でも世界データ定額」

「あーはん、母ちゃんのチャーハン?」
「浦ちゃんも喋れんの!?」
「いや、日本語日本語」
「えぇーー!!」


今回初登場の女性は、やっぱり白雪姫になるのかなぁ? 林檎っぽいものを持っているし。
色的に梨ってことはないだろうと思うけれど、このCM作品に限ってはよく分かりません。

白雪姫 – Wikipedia

↑ ちなみに、Wikiによれば白雪姫って元々ドイツの民話らしいんだよね(グリムもドイツ人)
そうなってくると、なぜCMではドイツ語じゃなく英語を喋ってるんだ? という話になるわけで。

言うまでもなく、それはディズニー映画に影響を受けているということなのでしょう。

ドイツの方達にとっては、ディズニーの白雪姫をどう思っているのかが気になってしまうものだ。
「自分達の民話を、あたかもアメリカ発祥ように扱いやがって!」みたいに思わないのかな?


あと、すっごいどうでもいいけど、チャーハンは日本語じゃなく中国語なんじゃなかろうか


それから、ネット検索をしていたら以下のような記事を発見しました。


au、「三太郎」TVCM「海外の人」篇を公開

桐谷健太は「母ちゃんのチャーハン」がよほど気に入ったのか、「母さんのチャーハン今度食べに来てください。すごくおいしいんで」と、ただチャーハンを普通に勧めているだけになるパターンも何度かあった。


こういうNGテイク(?)もあったのですね、ちょっと笑ってしまうw
これで浦ちゃんと白雪の関係が発展して、乙姫との三角関係になるなどしたら面白かったのに。

「ディアスポリス -異邦警察-」 DVD-BOX
エイベックス・ピクチャーズ (2016-06-22)
売り上げランキング: 2,623

【どんぶらこ】au CM「キーマン/フェス」篇、一寸法師は桃太郎よりも30歳くらいは年上だったり!?(設定上)

【前野朋哉】au CM「夏のトビラ・一寸法師、登場」篇、大きくなった一寸法師に存在意義はあるのだろうか?






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation