小泉今日子、市川海老蔵、小日向文世、又吉直樹が出演している
ソフトバンク・MOON RIBAR「ケンシロウ怒り」篇CM。

これまでにも各社色んなキャラを擬人化してCMにしてきたと思うんだけど、
その中でもとりわけソフトバンクのこのシリーズは面白味を感じないなぁ、なぜだ?

(ま、正直ソフトバンクのCM自体が全体的に面白いのが少ないのは否めない)

【スポンサードリンク】


「ケンさーん、稽古順調?」
「え、まぁ……」

「元気ないなぁ、ママのオムーンライチュ♪ ハハハハハハ」
「すっごい睨んでますよ」
「えっ」

「アータタタタタタタタ……」
「あ、あぁぁ」
「アータタタタタタタタ……」

「あ、あ、あべしっ!!」
「いや、届くわけないじゃないですか、これスマホですから」
「ソフトバンク」


ちなみに、ネット上でもあまり評判がよろしくないみたいですな、このCMシリーズ。


元セーラームーン登場のソフトバンクCM 原作を無視していると非難 – ライブドアニュース

・元セーラームーンが登場するソフトバンクCMに、非難の声があがっている

・原作を無視しているだけでなく、作品への敬意が感じられないと指摘された

・「名前だけお金で買った安直で愚かな商魂を感じるCM」との声も


なるほど、“原作を無視している”から面白味を感じないというわけか、合点がいきました。

確かに、登場してくるキャラの特性がほとんど活かされていないから、つまらないのかもなぁ。
今回CMのゴルゴにしても、そんなキャラじゃないだろ! と思えてならないしね。

小泉&又吉さんに関しても、ただのおばさんおじさんにしか見えないのもいただけない。
もっとセーラームーンやら明日のジョーっぽく振舞ってほしいものだ。


やっぱり、根っこに何かしらシッカリとした世界観&設定がないことには厳しいのでしょう。
単に有名どころのキャラクターをミックスしただけでは視聴者は騙されません。

それぞれの作品にも根強いファンもいることだし、厳しい視線にさらされるのも必至。
もっとサブカルチャーに傾倒したような人に作品作りをしてもらいたかった、そんな感じ。


とはいえ、これからシリーズを通してキャラの人となりの掘り下げが進むなりすれば
また評価も変わってくるかもしれないので、さらに内容が良くなる事を期待したいとは思います。

北斗の拳 イチゴ味 1 (ゼノンコミックス)
行徒妹 河田 雄志 原 哲夫 武論尊 行徒
徳間書店 (2013-09-20)
売り上げランキング: 1,326


ソフトバンク「MOON RIBAR」篇A~E・CM、キャラ個別Ver.だけど思いのほかインパクトに欠けるものだ……

ソフトバンク「MOON RIBAR」篇CM、小日向さんがゴルゴ……だと……!?(麻生元総理を意識?)






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation