指原の乱 vol.1 DVD(2枚組)

僕も最近ソフトバンクの「滝行」CMを見た時に、「こんなことまでビジネスにしてしまったの?」
と思ったものだけど、やっぱり芸能人の方から見ても特異なものに見えたようですな。

そもそもが、指原さんが総選挙で1位になれなかった時の公約であり、
言わば自分自身に対する罰ゲームみたいなものなんでしょ?そこにお金が発生する点に違和感。

やっぱり、単なる話題作りだったのかと、ちょっと残念に感じてしまうものだ。
(でも、芸能界のやり方としては普通のことのようにも思えるけれど)

【スポンサードリンク】

指原莉乃、滝行報告も出演者からブーイング! 松本人志「完全に利用された」

今年6月のAKB48選抜総選挙で1位になれなかった時の公約として、滝行を行うと公言していた指原。渡辺麻友に票数が及ばず2位という結果だったため、その行方に注目が集まっていたが、滝行が実施されたのはソフトバンクのCMだった。

今年8月3日放送の同番組で、指原の滝行に密着することが決定。指原もレギュラーの前園真聖に「お願いします!」と同行を求めていた。しかし、指原が選んだのは番組ではなくCM。これを受け、松本は「うーっわ! うーっわ!」と悲鳴を上げて「完全にこっちが利用されただけ!」といじり、この日ゲスト出演した泉谷しげるも「バカヤロウ!」「禊をなんだと思ってんだよ!」と番組の立場から意見をぶつけた。

司会の東野幸治は「こんなん許せないですよ」と不満たらたらだが、指原は「私が決めていい事項じゃないですから」と主張し、東野の「ギャラ入るわけでしょ?」という追及には、「私は知らないんですけど。全くゼロではないと思います」と回答。CMの話が来ていることを秋元康氏から話された時に「いやいやいや…」と一時は拒んだそうだが、「でも、家に帰ったらうれしかったです」というのが本音だった。


まあ、本人にギャラが入らなくとも事務所には入ってくるのは当たり前のことなので、
2位になっても“良い仕事”をしたものだと、そう思われていることでしょう。

このCMが無かったとしても、「ワイドナショー」で密着されることは変わりなかったのだから、
どちらにしたって指原さんからしたら美味しかったんじゃなかろうかと。

だって、周りに1台もカメラがないところで、まさか滝行なんて本人も思ってなかっただろうし、
公約というものを発表した時点で、ビジネスの臭いを嗅ぎつけてくる各種媒体があることを
あらかじめ予想はしていたのだろうなぁ
、そんな気がしてならないや。


ちなみに、以下が今回発表されたソフトバンク・白戸家「滝行」篇CM



「ワイドナショー」に出演していた泉谷しげるさんが「禊をなんだと思ってんだよ!」と
おっしゃったようだけど、確かに本来は黙って1人で行うものだよなと思ってしまう。


しかしながら、こういった図太さは大いに見習いたい気がするものだ。
こういうことがあっても良心の呵責を感じるのではなく、
嬉しいと思うくらいではないと成功できるものじゃないのだろうね、特に芸能界では。

なおかつ、彼女らのグループって人数がビックリするくらい多いわけだから、
われがわれがという感じで普通なのかもしれない、なんとなく。


あと、WEB限定でCM撮影中のドッキリ企画も公開されているみたいです。

ソフトバンク「指原莉乃 滝行CMでカッパドッキリ!?」



このカッパ役の人は誰なのだろう? 外国人だけどダンテさんじゃないっぽい気がする。



【渡辺麻友・指原莉乃】TOYOTOWN(トヨタウン)T-Connectナビ「のび太とT-子」篇CM、現時点で日本のアイドルのツートップが出演ということなの?

【指原莉乃】ワンカップ大関「アイドル/しあわせのコツ」篇CM、現役のアイドルがこういったCMに出ちゃうとは時代が変わったものだ






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation