利根川永春が出演しているソフトバンクの映画解説:猿の惑星×スマ放題「家族」篇CM。

こ、これは……、思わず絶句してしまうほどの衝撃。
映画の解説ということで、淀川長治のモノマネをやっちゃったわけか。

そもそも、このお爺さんは誰なんだ? という疑問が湧き起こってしまう。

【スポンサードリンク】

もうちょっと本人に似ている人はいなかったのかなぁ。

まあ、“そんなに似ていない”ということ自体が面白さに繋がることはあるけれど、
正直、このお爺さんってなんだか気持ち悪さがあるんだよね……(失礼で申し訳ないけれど)

ちょっと目の焦点が合っていない様に見えてしまうし、若干の狂気さを感じてしまう。
喋りもヨボヨボして聞こえるし、淀川さんというよりはムツゴロウさん的なのでは?


ちなみに、以下が淀川長治の映画解説(バック・トゥ・ザ・フューチャー)



やっぱり全然違うものだわ、今回のCMとは。
CMのお爺さんよりも若い時の淀川さんかもだけど、こちらの方が喋りがハキハキしてるしね。

語尾の「~ですねぇ」も、そんなに伸ばさない感じだし、
「ねぇ~~~」って長く伸ばしちゃうと、やっぱりムツゴロウさんにしか聞こえないものだ。


以下は、別ヴァージョンのソフトバンクの映画解説:猿の惑星×スマ放題「未来」篇CM



このお爺さんって、ちゃんとした芸能事務所に所属している方なんだよねぇ、やっぱり。
ソフトバンクのCMなわけだから、変なところから連れてくるとは思えないしなぁ。

それなりに名前の知れた方なんだろうか? その辺がちょっと気になってしまう。

というか、このお爺さん自身、「自分はタレント(俳優)としてやっていける!」という自信を
よくぞ持っているものだなと感心してしょうがないです。

でも、ちゃんと需要がある日本の芸能界の懐の広さにも驚かざるを得ない。


淀川長治 究極の映画ベスト100〈増補新版〉 (河出文庫)
淀川 長治
河出書房新社
売り上げランキング: 219,330


【リリー・フランキー】ソフトバンク・白戸家「焼そば」篇CM、焼きそばを人生に例えるとか既視感を覚えてしょうがない!

【奥仲麻琴】スマホ守護女子高生スマガールズ「余ったデータを守れ!」篇CM、戦隊物っぽいのになぜ変身シーンがないのだろう?






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation