菅田将暉、吉田羊、斉藤慎二(ジャングルポケット)、岡野陽一が出演している
住友生命CM「ここから1UP(ワンアップ)本人の証言」篇。

あれ、先月瑛太Ver.のCMが流れていたというのに、もう新作に変わっちゃった?
しかも、主演が菅田将暉になっちゃってるし、唐突に変更されてしまったんだなぁ。

でも、瑛太の時とキャラクター性はほとんど同じらしく、あまり目新しさはないかもしれない。
まあ、“人の成長”のようなものを描いているので、主役の性格設定は変えようがないのでしょう。

【スポンサードリンク】


「ワンアップの説明を受ける上野」

上野一(うえのはじめ)・会社員(24)
「会社の人が、『保険の話を聞くからおまえも来いよ』みたいな、付き添いです」

「つき添いで来ていただけの上野が、変わった」

「(ピロロロロ)あ、ごめんなさい。あ、お、おふくろちょっと今仕事……、折り返す」
「仕事?」
「いや、おふくろ……」

「もう『ママ』と呼ばない、上野」

「1UP、加入しました。ぼく自信が1UPですか? ないと思います」
「あなたをちょっと強くする。働くあなたに1UP、住友生命」


住友生命CM「ここから1UP 同僚の証言」篇



「上野は、あの~、あまり興味なさそうでしたけど、まあ僕が連れて行きましたね」
「上野がですか? 1UPですか? ぼくより先に? ないです。ないです。ふふふ」


住友生命CM「ここから1UP 喫茶店店員の証言」篇



「途中くらいかなぁ、まあそこら辺分かっちゃうよね。まあ、ピンと来たよね」
「また見ちゃったよ1UPみたいな感じだよ、こっちは。となり? あれは何も感じなかったね」


住友生命CM「ここから1UP 営業職員の証言」篇



「働けなるリスクに備える保険って、直接お話した方が絶対分かりやすいので」
「そうなんです。なぜかつき添いだったはずの上野さんが、1UP、先日加入されました」


主役が代わったということで同僚役も代わり、まさかのジャンポケ斉藤さんで驚きました
やっぱり、この人って演技がすこぶる上手いよなと改めて感じるものだ。

今回CMでは、比較的地味目な演技をしているけれど、
それを自然に演じられるというのは、それなりの力量があるからこそだと思えてならない。

お笑いでは、主にコントをやっているからこその演技力。
これだけ出来るのなら、もっとドラマとかにも呼ばれてもいいのでは? と感じてしまう。


でも、キャラクターの濃さ、とりわけ顔の濃さがネックになっているのかもなぁ。
見ただけでコメディ色が出ちゃっているので、使い辛さというものもあるのかもしれない。

主役を喰ってしまうのとは違うけれど、変に目立ってしまう恐れがありそうな予感。


あと、ネット検索をしていたら以下のような記事を発見しました。


「1UP」CMに菅田将暉が登場 – BIGLOBEニュース

今後は瑛太とのダブルキャストで2人の姿が描かれていく。


お、瑛太Ver.のCMも今後続いていくわけか、へぇ。

そんなにシリーズを増やす必要性というものを感じないんだけど、
それなりにCMの反響があるということなんだろうなぁ、特に若い女性から。

菅田将暉 アーティストブック 『 20+1 』
菅田 将暉
ワニブックス
売り上げランキング: 65,065


【菅田将暉】ホットペッパービューティーCM「オトコのネット予約/オトコのヘアサロン」篇、この後スタッフが美味しくいただいたのだろうか?

【ロッチ中岡】住友生命CM「海外出張で1UP」篇、もっと客観性が保てそうな第3者を選ぶべきだと思うんだけどなぁ






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation