ビートたけしが出演しているソニー生命「ホンネで語る価値がある」篇CM。

「え、これが保険のCMなのか?」というインパクトは確かにある。
今までにないテイストであり、たけしさん出演という点も目を引くには申し分ないのかも。

ただ、雰囲気が非常に怖いですな。ものすごく緊張感を煽る感じがするものだ。

【スポンサードリンク】


まあ、あのビートたけしが生命保険に対して“本音を語る”ということで、
それなりの雰囲気作りなどが重要だったということなのかもしれない。

内容的にも軽く扱うわけにはいかなかったのだろうなぁ(でも、怖くする必要性はないと思う)


人が生きていくことは大変なのか簡単なのか、分かんない。
ほんと、まだ分かんねぇよ。

なんだっけ? ライフプランナーって。

人様の人生を設計するってことだろ?
大層立派だけどさぁ、本気で人のために働くやつなんていんの?



なんだか思った以上に根本的な部分について疑問視されているんだなぁ。
そういうのって、考えるだけ人生(時間)を無駄にしているような気もする。


それから、以下は別ヴァージョンのCM。


ソニー生命「ライフプランナー篇/ホンネで語る価値がある」



なんだっけ? ライフプランナーって。

人様の人生を設計するってことだろ?
大層立派だけどさぁ、本気で人のために働きたいやつなんかいんの?


「働くやつなんて」 → 「働きたいやつなんか」
微妙に30秒Ver.と言い回しが違うみたいですな、意味は一緒だけど。


ソニー生命「人生篇/ホンネで語る価値がある」



人生に幸せなんて求めること自体、勘違いなんだよ。
どうせみんな死ぬんだし、生きてるうちに辛い思いをしようってオイラは思ってる。


たけしさんって昔バイク事故で大怪我をしたことがあったと思うけれど、
そういう経験をした後でも、こういうことを思って生きているのかなぁ?


ソニー生命「家族篇/ホンネで語る価値がある」



人は生まれて生きて死ぬ、これだけで大したもんだ。
で、何? 死ぬ前に家族に何か残そうとすんの? オイラには分かんないなぁ。


この辺はその人の家族観であり、どれだけ家族を大事にしてきて、
どれだけ家族から大事にされてきたかが左右するのだろうから、何とも言えないですな。


ソニー生命「Long Ver./ホンネで語る価値がある」



死ぬのが怖いなんてさぁ、ちゃんと生きてない証拠だとオイラは思うよ。
出来ること、やることやってたらさぁ、それで満足でしょう。


要するに、人間は全部自分のために生きてるわけだから、
親は自分のために生きればいいんだよ。
ま、それを見て、子供も自分のために生きてるようになるんだから。


愛する方がいいよ、愛されでもしたら大変なことになる。
愛されるってことは、人から色々気にかけられるってこと。そんなの嫌だよ。


死についての哲学を持つというのは大事なことなんだよ。
そこに正解があるわけではなくて、それぞれ自分で考えてなきゃなぁ。


なんだっけ? ライフプランナーって。
人様の人生を設計するってことだろ?
でもよぉ、本気で人のために働くやつなんていんの?



色々と毒は含まれているのだろうけど、エールのようにも見受けられるし少し感慨深い。
それと同時に、たけしさんの周りには支えてくれる人はいないのか?と、心配にもなってくる。

彼の思考の中には、“他人という存在”があまり介在していないように感じますな。
ものすごく生きる力というものを持っている方なのだろうけど、少し切なく思えてしまう。

まあ、大きなお世話なのだろうけど。


全思考 (幻冬舎文庫)
全思考 (幻冬舎文庫)
posted with amazlet at 15.04.17
北野 武
幻冬舎
売り上げランキング: 69,845


RYOMA GOLF(リョーマゴルフ)「反撃だ」篇CM、ビートたけしの顔のアップが妙に怖ろしい……

【ビートたけし】 DMM3Dプリント「ものづくりが変わる」篇CM、時代は進んでいるのだと実感させられてしまった






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation