深津絵里、淵上泰史が出演している住友生命・未来診断「あの人の老後」篇CM。

5月くらいにも、「竹取物語」をモチーフにしたCMが流れていたものだけど、
今回の新作は、「浦島太郎」をモチーフにしたみたいですな。

これって、どんどん“おとぎ話”でシリーズ化していく感じなんだろうか?

【スポンサードリンク】

まあ、日本昔話に登場する人物達も様々な環境の中で生活しているわけだから、
そこからネタを持ってこようと考えたら、割と容易なことなのかもしれないね。

なおかつ、有名な物語であれば、余計な人物背景を描く必要もないわけだし、
これほど格好のネタもないということなのでしょう。


しかし最近のCMでは、サントリー・オールフリーでも「浦島太郎」ネタをやってたりするので、
なんだかこのネタの被りっぷりが何とも言えない気分にさせられるものだ。

サントリー・オールフリー「夏」篇CM、バナナマン・日村勇紀の登場に驚愕してしまった!



全然、住友生命のCMとは毛色が違うものの、それでも放送時期が近いこともあってか、
どうしても「浦島太郎」と聞いちゃうと、バナナマン日村さんを想起させられてしまう


でも、そうそう「浦島太郎」というネタで被ってしまうケースなんてあまりないだけに、
これは回避出来なかったのかなぁ? と、思えてならないんですが。

後発の住友生命の方なんかは、「浦島太郎」と決めた段階で
当然ながら相当アンテナを張っていたと思うんだけどねぇ(まあ、あくまで想像だけど)


それにしても、浦島太郎に老後の話をするというストーリーなわけか、なるほど。
彼が生きる時代のことを考えたら、そんなに平均寿命も長くないんじゃないの? そう思う。

たぶん、人生50年みたいな時代だと思われるので、玉手箱を開けてしまえば
彼もそんなに長くは生きられないんじゃなかろうかと。

ま、竜宮城でこの世の物とは思えない極上の体験した後なら、
そのままコロッと死んでしまっても、それも本望というものでしょう。


しかし、深津さんはビックリするほど棒読みですな……。


【深津絵里】住友生命・未来診断「あの人の教育」篇CM、そもそも“かぐや姫”ってなぜ竹から生まれたのだろう?

【衝撃】トルコの保険会社CMに『ストリートファイター2』のリュウが起用されていて話題に! 自動車破壊ボーナスステージを見事に再現

かんぽ生命「人生は、夢だらけ。」篇CM、能年玲奈のナチュラルさに癒されるけど内容は有りがちだね……

SWITCH Vol.29 No.11(2011年11月号) 特集:深津絵里
新井敏記
スイッチパブリッシング
売り上げランキング: 282,312






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation