深田恭子が出演している大東建託・いい部屋ネット「運命の出会い」予告篇CM。

たまたま見掛けたCMなんだけど、一瞬何のCMなのやら分からなかった。
なんだか思いっきりドラマ仕立てになっているし、「映画か何か?」なんて思ってしまう。

最後に“3つの真実の物語、いい部屋ネットで公開中”の文言を見て、やっと理解出来たけれど。

【スポンサードリンク】

しかしまあ、ここまで気合を入れてドラマを制作されても、どう反応していいのやら困っちゃうね。
パッと見、何のCMなのかが分からないと本末転倒な気がしてしまうんですが。


以前のCMなんかも、男女の出会いをちょっとしたエピソードで描いていたものだけど、
それでもちゃんと「いい部屋ネット」のCMだと分かるような作りになっていたのになぁ。

いい部屋ネット・出会い篇「サイクリング」CM、深田恭子の指がピンチ!?



ドラマ仕立てのCMというのが昨今の流行りではあるけれど、
何かの広告だということが分かった上で、その付加価値としてのドラマという順番じゃないと、
製作者側の熱意を一方的に押し付けられているような気分になっちゃうので何とも言えません。


で、今回ネット上に公開されたエピソードは以下の通り。2分14秒の動画になっているみたい。

いい部屋ネット 運命の出会い物語Episode1「運命の郵便物」


自分の夢をかなえるために離れた地元に…久しぶりに帰ってきた。
そんな彼女の新居に前の住人宛の郵便物が届く…。
そこにはなんと元彼と同姓同名の宛名がっ!。
もしかしたら…と思い、勇気を振り絞って電話をかける…。


う~む、なんだかご都合的で陳腐だなぁなんて思ったものだけど、
これって「いい部屋ネット」のキャンペーンで一般の人から送られてきた物っぽいですな。

一応、実際にあった話ということなのか、なるほど。
もうちょっと感動出来そうな話を選んでもらいたかったなぁと、思わなくもないや。


ちなみに、今秋「迷いクジラ」篇、来春「なんまんだぶ」篇が公開されるとのこと(コチラを参照)
こちらの2篇の方がタイトルからして興味深い感じがするものだね。

明らかに今回のエピソードは内容的に薄い感じがしちゃうのですよ。
まあ、実際に体験した本人にとってスゴイことだというのは理解できることだけど、
小説とかフィクションから見たら、ちょっと有りがちに思えるのも否めない気がする。

(un)touch
(un)touch
posted with amazlet at 14.07.22
深田 恭子
講談社
売り上げランキング: 727


【深田恭子】ポカリスエット・イオンウォーター「人魚姫 恋がはじまる」篇CM、前作よりもずいぶんインパクトに欠けて見えるものだね

ポカリスウェット・イオンウォーター「人魚姫」篇CM、とにかく人魚な深田恭子が美し過ぎる!






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation