ドラゴンボールのベジータとブルマが出演している
花王 ブランド横断CM「汚れと闘え!君も今日からおそうじ戦士だ!」篇。

去年、ブルマ役の声優であった鶴ひろみさんが亡くなられ、悼む声とともに
「一体、後任の声はどうなるの!?」と思っていた方も少なくなかったとは思う。

今回CMでは、アニメ版に先駆けて後任の方が声をあてているらしく、なかなか興味深い。

【スポンサードリンク】


「ドラゴンボールZ × 花王」
「べジータの新たなる戦い!!」

「もはや敵なし」
「外にはね。でも、お風呂には汚れという敵がいるの、手伝って!」
「チッ」

「汚ねぇ、風呂場だ。ん、ピンクのやつ。なんだ、この黒いのは!
 俺様が吹き飛ばしてくれる!」

「ファイナルフラーーーッシュ!!」
「もう! 汚れには、これとこれ!」

「花王とドラゴンボールがコラボした」
「さっさと手に入れやがれ!」

「数量限定! ドラゴンボールデザイン おそうじ用品シリーズ」


「ドラゴンボール」ブルマの新声優が久川綾さんに決定! コラボCMうっかり公開も「違和感ない」と好評相次ぐ

CMではブルマが登場し、「鶴さんではないようなのにもかかわらず、従来のブルマに近い演技」「違和感がない」と注目を集めていました。


確かに違和感はないように思うんだけど、
妙に落ち着いた声になっちゃったように聴こえるので、どうもしっくりこないものだ。

上手く説明できないんだけど、ブルマって少女と大人の女性をミックスしたような
独特な声をしていた気がするんだよね、個人的には。

なので、やっぱり違うなぁとか思ってしまう、致し方ないことではあるけれど。
でも、特にドラゴンボールに強い思い入れを持っているわけじゃないから良いんだけどね。


以下は、今回のコラボの特設サイト。


花王株式会社|Kao × ドラゴンボール


しかしながら、いまだにドラゴンボール人気が続いていることに驚き以外にないんですが。
ゲーム作品なんかも普通に新作が発表されてるもんなぁ、なんという終わらないコンテンツ。

大人の方でも、ずーーーーっと追い続けている人も少なくないようで、
正直な話、「いいかげん飽きないの!?」と、ちょっと思ってしまう、失礼ながら。


これだけ世の中にエンタメが溢れ返っている現状を鑑みたら、
趣味趣向の移り変わりも早くなっていきそうなもんだけどねぇ(消費サイクルのスピード化)

それでもドラゴンボールに落ち着いてしまうというのは、他では得られない魅力があるということ。
その辺の具体的な部分が知りたいものです。かくいう自分もコミックスはいまだに所持してるけど。

【PS4】ドラゴンボール ファイターズ
Posted at 2018.2.20
PlayStation 4
バンダイナムコエンターテインメント







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation