キンチョー、ハエ・蚊ハンター「公園アーティスト」篇CM。

最近、キンチョーのCMの新作が色々と発表されてたりするんだけど、
相変わらず泥臭い笑いがあり、非常に味があって面白い。

ずっと同じテイストを守りつつ、遊び心を忘れない感じとでも言うのだろうか。

【スポンサードリンク】


ライブはわしらの魂やから
蚊はアーチストの大敵!

しかし、蚊が多くいそうな公園で演奏しておきながら「大敵!」と言うのもなぁ。

せめて夏だけでも、もっと別の場所を選ぶべきなんじゃなかろうかと。
そうじゃないと、あまりその発言に説得力がないような気がする。


キンチョー・コバエがポットン「逃げられた男」篇(出演:久保岡宗一)



こういった家庭のトラブルのようなものを描くのもキンチョーの真骨頂だよね。

嫁に逃げられたけれど、「コバエがポットン」でコバエが沢山捕れているのを見て、
気持ちがちょっと楽になるというのも、普通にあることなのかもしれない。


全く関連していない事象でスカッとした気持ちになり、心のモヤモヤが少し晴れる。
ある種、心が錯覚を起こしているということなのでしょう。

こういうことって間々あるような気がしてならないものだ。
でも、すぐに現実に引き戻されて心が沈んでいくのだろうけどね。非常に切ない……。


キンチョー・蚊がいなくなるスプレー「ボディビル」篇(出演:笹野高史、谷野義弘)



キンチョーのCMで笹野さんと言ったら、ハゲ頭のカツラCMが印象的だけど、
今回はボディービルダーに扮しているらしく、これまた強烈なインパクトですな。

言うまでもなく合成なんだろうけど、これが素晴らしく自然に見えるところが凄い。
変に体格が大きくなっているわけじゃなくて、小さい身体のままムキムキなんだもんねぇ。


笹野さんとおなじような背格好のボディービルダーさんと合成したのか、
はたまた完全にCGによるものなのか、その辺がちょっと気になってしまう。

笹野さんのCMシリーズも毎年続いていきそうな感じで、すごく楽しみです。


待機晩成 日本一の脇役が語る人生の美学
笹野高史
ぴあ
売り上げランキング: 787,102


金鳥のピンクシリーズ(キンチョール)「縁側」篇CM、この不気味なキャラクターは“桂枝雀(落語家)”がモチーフになっている?

キンチョー・コンバット 「コンバットミュージック」篇CM、新垣隆さん(元ゴーストライター)の出演に衝撃を受ける






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation