ジャッキー・チェンが出演している
スマートフォン用アプリ・星のドラゴンクエストCM「伝説の武闘家ジャッキー・チェン 登場」篇。

まさか、こんな大物俳優が起用されることとなるとは思いもよらなかったなぁ。
さすがスクウェア・エニックスとしか言いようがないけど、今となっては出演料もお安いのかな?

御年64歳とのことで、なかなか起用される作品というのも限られてきているのかもしれない。
アクション一辺倒の俳優さんともなると、なかなか年齢には勝てないよな……。

【スポンサードリンク】


「ジャッキー・チェン(武闘家 Lv99)」

「ほっ」
「しゅっ」
「ドラァァァーーー」
「ギガ謝謝(シェイシェイ)」

「1日1回10連ふくびきプレゼント、星ドラギガ感謝祭」


星のドラゴンクエストCM「伝説の武闘家ジャッキー・チェン 扇」篇



「ギガ謝謝(シェイシェイ)」
「5月27日はドラゴンクエストの日、10000ジェムプレゼント!」


しかしながら、ジャッキーさんによる武闘家のコスプレが思いのほか似合っていて驚かされる。

ドラゴンクエストのキャラクターデザインと言えば鳥山明だけれど、
その鳥山キャラの雰囲気にジャッキーさんがかなりマッチしている感じなんだよね。

どちらかと言えば、お顔がコミカルな感じだから鳥山キャラっぽさを感じるのだろうか?
やっぱり、鳥山キャラはアジア人が演じるべきだよなとしみじみ思わなくもないや。


それから、ネット検索をしていたら以下のような記事を発見しました。


ジャッキー・チェンがドラクエの世界に登場、職業はレベル99の武闘家

日本のファンの皆さんとは、本当に長い間、お会いできていません。皆さんもご存じのように中国の市場はここ数年で大きく変化しており、僕も仕事の幅が広がっています。新人を育てたり、自分のスタントマン・チームの基地を作ったり、「ジャッキー・チェン・アクションウイーク」を企画したり……そして最近では中国スタントマン協会や中国芸能人協会を創設したりと、とにかくやることがたくさんあって、日本に行きたいと思いながらなかなか行くことができません。


ほぉ~、今や完全に裏方さんといった感じになっているわけか、なるほど。
後に続く人材を育てるというのは非常に大事だと思うので、頑張ってもらいたいものです。

でも、アクションと言っても、昔のようなカンフー映画とは趣が違っているのだろうなぁ。
今の中国の方が、あんな泥臭い中国を見たいか? と言ったらノーと言いそうな気がするし。

その反面、海外からの需要としては、昔ながらのカンフー映画を求めていると思うんだよね。
そういった乖離した部分をどうやって埋めていくのか、なかなか興味深くはある。


ジャッキー・チェンは「中国の犬」。裏切られた香港映画界で反感

↑ なにやら中国政府寄りの発言が目立つジャッキーさんは国内人気も落ちているようで、
そういった意味でも自分が表立って出て行くより、育てた人材で稼ぐ方が良いのでしょう。



星のドラゴンクエストCM「山下先生シリーズ・壇蜜先生登場/部活」篇、女戦士のビキニアーマーは今見ても秀逸なデザインな気がする

【デーモン閣下】星のドラゴンクエストCM「勇者たちの忘年会/餅つき」篇、ドラクエの世界観にも日本的な風習が息づいている?







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation