デーモン閣下(聖飢魔IIの元ボーカリスト)が出演している
スマートフォン用アプリ・星のドラゴンクエストCM「悪魔が勇者に 実感CM1」篇。

悪魔もダーマ神殿に行けば勇者になれちゃうのかぁ、ドラクエって
まあ、スライムが人間になれる世界観なわけだし、転職くらいはたやすいのかも。

CMを見る限り、勇者の適正に“心の清さ”というものは全く関係ないようだし、
これはこぞって勇者になりたいモンスター達が殺到しそうな予感しかしないものだ。

【スポンサードリンク】


※あくまで悪魔の感想です。

「星ドラで勇者始めたんだけど、いいよねぇ勇者、うん。
 毎日宝箱もらえるし、しかも10個も。すごいよねぇ。お得です、勇者」

「星ドラ2周年、10連ふくびきプレゼント!」
「なんでもっと早く始めなかったんだろう」


スマートフォン用アプリ・星のドラゴンクエストCM「悪魔が勇者に 悪魔のささやき1」篇



「これはあくまでユーザーの意見なんだが、先週のプレゼント、あれをぜひもう一度」
「いやぁ、できませんよ……」
「いやいや、できるだろ」

「いや、でき……」
「できま……」
「す!」

「悪魔にそそのかされて、大盤振る舞い。星ドラ2周年」


『星のドラゴンクエスト』TVCMメイキング映像「カメラが捉えた恐怖のCM撮影現場」



なにこの心霊番組のオマージュみたいなやつ。
デーモンさんが悪魔を自称しているからなのだろうけど、これって幽霊ものの企画じゃんか……。

悪魔だったら「エクソシスト」とか、その辺をモチーフに製作すべきだったような気がする。
(てか、こういうのは季節的に言って夏場に発表すれば良かったのにね、若干ズレてる)


ちなみに、本作はメイキングという名のNGシーン集になっている模様、なんだかんだで面白い。
心霊番組のオマージュとNGシーン集って、意外にも親和性が高かったのですね。


あと、ネット検索をしていたら以下のような記事を発見しました。


デーモン閣下「星ドラ」CMで勇者になる

実際、勇者をやってみたら、コスチュームなどのベクトルは吾輩とだいたい似たような方向なので、違和感はなかったね。ただし、勇者になった体験談を語るCMなので、語り方とか、世の中に打ち出している吾輩の印象とやや違うものが見えたりするところは、見どころでもあり、面白いところでもあり、勇者を“やってみた感”があったところかな」と勇者を演じた感想を語っている。


確かに勇者のコスチュームが思いのほか馴染んでいる気がする。
ま、普段から冠(かんむり)みたいなものを付けてたりするから、さもありなん。

もともと「デーモン閣下」というキャラクターを演じつつ活動されているわけだし、
何かを演じることに対して身構えるということもなさそうなイメージ。

デーモン閣下 悪魔的歌唱論
リットーミュージック
売り上げランキング: 168,474


【のん】ドラゴンクエストモンスターズ(DQMSL)CM「倒されても/スライムがあらわれた」篇、事務所独立騒動を経て本CM再登板に驚かされた!

【江頭2:50】モンスターストライクCM「『4周年モンスト?知るかよ!』大暴れ」篇、このCM撮影に2日間も掛かっていた点に驚愕!






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation