ピース(又吉直樹、綾部祐二)が出演している
NEXON・ドミネーションズCM「違いのわかる人・又吉 書斎」篇。

ゲームの内容が文明がどうのこうのと「シヴィライゼーション」っぽいなぁと思ったら、
「シヴィライゼーション2」などに携わった方らが開発したゲームなのですね、へぇ。

確かにそれなら人を選ぶ作品なのは間違いないのかもしれない。

【スポンサードリンク】


「このゲームねぇ、ハマる人とハマらない人にはっきり分かれると思いますよ。
 綾部はダメって言うてますけど、僕はアリですね」

「違いのわかる人たちへ。ドミネーションズ」

「プリンこうてきた?」


NEXON・ドミネーションズCM「違いのわからない人・綾部 寝室」篇



「このゲームはねぇ、ハマる人とハマらない人にはっきり分かれるやつですよ。
 又吉はハマってます。僕はダメでした」

「違いのわかる人たちへ。ドミネーションズ」

「まだぁ?」


違いがわかる人&わからない人、ハマる人&ハマらない人、という対比で描かれたCMなんだけど、
「違いがわからない=ハマらない」というのは、何か違わないか? と思ってならない。

よくあるソーシャルゲームとは違うと分かるからこそ、
「自分にはダメだ、ハマらない」と気付くんじゃないのかなぁ?

ほんとに違いがわからないのであれば、違和感など覚えることもないだろうし、
自分がこれまでにハマったゲームと同様に楽しめそうな気がするんですが。


なんだか“違いのわかる人たちへ”という言葉自体がキャッチーだから、
最初からそれありきでCMの内容を考えてしまったという印象を持ってしまう。

日本語として何かおかしいと本来なら気付くべきでしょう、言わずもがな。


あと、ネット検索をしていたら以下のような記事を発見しました。


ネクソン、大人気芸人ピースが出演する『ドミネーションズ』TVCMシリーズ「違いのわかる人たちへ」 を放映決定 又吉さんの芥川賞受賞後初のコンビ揃ってのCM出演

<又吉直樹さん コメント>
今回、「ドミネーションズ」のCMに出演させていだたきました。素の自分というか、リラックスしてできました。このゲームはですね、歴史をテーマにした戦略ゲームで、ナポレオンとか信長とかクレオパトラを味方につけることができたり、石器時代、中世、近代、宇宙時代までですね、時代の変遷があったりとなかなか奥深くて面白いです。皆さんもきっとハマると思うので、ぜひやってみてください


又吉さんって本作を実際にやってたりするのかなぁ?
そもそも、ゲーム自体を遊んだりしているのかが少し気になってしまう。

ちなみに、綾部さんの方は普段あまりゲームはしないそうです(あまり?)

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)
又吉 直樹
幻冬舎
売り上げランキング: 7,440


ソフトバンク・MOON RIBAR「ケンシロウ怒り」篇CM、もっとサブカルチャーに傾倒したような人に作品作りをしてもらいたかった

ソフトバンク「MOON RIBAR」篇A~E・CM、キャラ個別Ver.だけど思いのほかインパクトに欠けるものだ……






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation