菅田将暉、早見あかりが出演している
Cygames(サイゲーム)グランブルーファンタジーCM「グラブってる? 屋上」篇。

こういう日常の中にソーシャルゲームを溶け込ませて宣伝するというのが増えてますね、ほんと。
それによって中高生がハマってしまうと親が困っちゃうんじゃないのかなぁ? そんな気がする。

課金とかするにしても、自分のお小遣いの範囲内でするようにしましょう。

【スポンサードリンク】


「てかおまえ、あいつとグラブってんの?」
「は? するわけないし」

「見たってやつがいるんだよ。おまえとあいつがグラブってんの」
「グラブろうがどうしようが、あたしの勝手でしょ」

「グラブってる?」
「なんだよ……」

「さあ、グラブル」


Cygames(サイゲーム)グランブルーファンタジーCM「グラブってる? 食卓」篇
(菅田将暉、松重豊、富田靖子、庵原匠悟が出演)



「ねぇママ、グラブるってなに?」
「なに急に!? そういうことはパパに聞きなさい」

「パパに聞いたらママに聞けって」
「(もぐもぐ)」

「グラブるってなに? (バン)パパもママもグラブってるの?」
「よせよ……(小声)」

「グラブってる?」
「僕もグラブる!」
「食べなさい!」

「さあ、グラブル」


これはどういうことなのかなぁ? なぜちびっ子には教えてあげないのだろう。

やっぱり、ちびっ子がこういうものにハマって無制限に課金してしまうケースがあるから、
もっと大きくなるまでは与えないようにしましょうというメッセージなんだろうか?


そういえば、以前以下のようなニュースを見たのを思い出してしまった。


カニエ・ウェスト、子ども向けゲームのアプリ内課金を痛烈批判 – ライブドアニュース

そんな父親としての顔も持つカニエは現地時間10日にツイッターで、「子ども向けのアプリに課金を組み込んでいるゲーム会社はクソだ」と批判の口火を切った。さらに、「わけわからないよ!!!子どもにiPadを渡したら、5分おきに課金が発生していたんだよ」「2歳児用のゲームなんだったら、子どもたちを楽しませて、親には休息の時間を与えてくれるようなものにしてくれよ。頼むよ」と続けている。


これが何のゲームなのやら分からないけれど、
子供(2歳児)が簡単に課金できてしまうシステム自体も問題なのだろうなぁ。

しかし、カニエさんくらいの人ならば、基本無料のゲームではなく
買いきりタイプのものを子供に与えたらいいのにと少し思わなくもないや。

菅田将暉 アーティストブック 『 20+1 』
菅田 将暉
ワニブックス
売り上げランキング: 4,982


【菅田将暉】auスーパーカケホ「鬼の子」篇CM、色の違いで種族が変わるわけでもないのだろうか?

【菅田将暉】au・スーパーカケホ「鬼、登場」篇CM、キャラが被ってるやつが多すぎないか?






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation