劇団ひとりが出演しているセガゲームス・
ファンタシースターオンライン2「ひとり『PSO2』を語る(泣き)」篇CM。

以前「ファイナルファンタジー レコードキーパー(FFRK)」のCMでも顔芸を披露していたけれど、
今回もやはり顔芸が炸裂しているひとりさん。相変わらず良い味出してますなぁ。

スクエニ、そして今回はセガということで、大手に好かれているのだろうか。

【スポンサードリンク】


「俺には無理っす。15秒で『PSO2』説明すんのは!」
「だから、敵倒す爽快感、ストレス発散!」

「キャラ作りもハンパねぇし。だから、まだやってない人いんのが、俺分からないです!」
「夢中、足りてる?」

「基本無料の『PSO2』」
「やれば分かるからぁ」


ファンタシースターオンライン2「ひとり『PSO2』を語る(怒り)」篇



「無理無理無理、『PSO2』15秒で説明すんでしょ!?」
「いや、だから、クリアした時の達成感、手軽さ」

「皆で踊ったりとか。あぁーーー! てか、やってつまんなかったら謝るし!!」
「夢中、足りてる?」

「基本無料の『PSO2』」
「ひとりでも出来る!」


ファンタシースターオンライン2「ひとり『PSO2』を大いに語る」篇



「ほんと無理ですって、セガさん。30秒だからって語りきれないでしょう、そこは」

「だからさ、あの敵をズバーーーっと倒す爽快感、
 ベシ! ドグシ !シュパパーーーってストレス発散にも最高でした」

「キャラ作るのなんか、もう思い通りで、ダッダーーン! ギュッギューーン! みたいな」
「あと、皆でダンスとか出来て、ハイハイハイハイ、イェーーーイ!」

「時間も自分も忘れて遊べ! 基本無料の『PSO2』」

「てか、まだやってない人いんのが、俺分からないです!」
「夢中、足りてる?」


30秒バージョンになると、途端に擬音がものすごく増えてて笑えてしまうw
まあ、ゲームの面白さを他人に伝えるというのは確かに難しそうな気はするものだ。

その作品のことを全く知らない人に対して、ゲーム内の用語を使っても伝わらないことだし、
いかに楽しいかを言葉にしようと思えば、雰囲気で伝えるしかなかなかないのかもしれない。

ストーリーが楽しければそこを説明するのが一番なんだけど、
こういったオンラインゲームにストーリーなんて有って無いようなものなのでしょう、たぶん。


あと、ネット検索をしていたら以下のような記事を発見。


『ファンタシースターオンライン2』新CMを公開! 劇団ひとりが15秒で作品のおもしろさを伝える【動画あり】(1-2) – ファミ通.com

ひとり そうですね。できることなら、全国の眼科の先生によく見てもらいたいです。「え、これ本当にものもらいできてるんですか?」って言われるくらい、うまく撮れたと思います。どちらの目がものもらいかを判別できるか、僕との勝負ですね


なにやら、“ものもらい”がかなり腫れた状態でのCM撮影だったとのこと。
ほんと、どちらの目がものもらいだったのやら判別できないほど、上手く誤魔化されている。

結構、顔がアップになるシーンが多いのに、ちょっと分からないものだ。
逆に「両方ともなってます」と言われても、そうかもしれないと思ってしまうレベルかも。

Quick Japan Special Issue 劇団ひとり カプチーノを飲みながら
劇団ひとり
太田出版
売り上げランキング: 496,435


サッポロ一番「ママにもごほうび」篇CM、こんなところにリトルベン(寺田心くん)が出ていたとは!

ファイナルファンタジー レコードキーパー(FFRK)「強敵・弱点」篇CM、劇団ひとりって普段ゲームとかするのだろうか?






【関連記事】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation