小倉優子が出演しているココネ・ポケコロ「こりん星 作っちゃいました」篇CM。

個人的には久々に見たような気がする、ゆうこりんさん。
以前と比べてもちょっと声が低くなったように聞こえるね、もう30超えだしなぁ。

まあ、以前もわざとああいう可愛い声を無理矢理出していたようなので、
現在は本来の声に戻りつつあるというのが正しいのかもしれない(それでもぶりっ子してるけど)

(Youtube等で探せば普通に声を出している若い頃の小倉さんも容易に見付かることでしょう)

【スポンサードリンク】


「こりん星、無かったと思ってますよね。だから、作っちゃいました」
「りんごの星に、ゼリーの丘、りんごももか姫も」

「つくろう! 私だけの星」
「ポケコロ、こりん星もらえる!」


ココネ・ポケコロ「こりん星のお姫様」篇



「こりん星の姫は……」
「ごきげんよう」

「おしゃれ大好き! 気に入った?」
「きゃっ」

「よしよし」
「エヘヘ」

「あなたの星に住むのは、どんな子? つくろう! 私だけの星」
「ポケコロ、もらえる!」


ココネ・ポケコロ「つりの星」篇



「つりの星へ、行きま~す」
「えい!」

「どんなの釣れるかな?」
「あ、キターーー!!!」

「頑張れ、頑張れ、頑張れ」
「あーー、もう少し」

「よいしょ、よいしょ」
「あ、いけたかな? ヤッター!」

「釣って、飾って、眺めちゃおう」
「びっくりした! でも、かわいい」

「今日は、どんな星あそび?」
「ポケコロ、右、右右」


小倉優子「こりん星」キャラは「お仕事したくて作った」!子どもには「嘘をつかずにちゃんと」

ちなみに、3歳となる息子が小倉にはいるが、もし子どもにこりん星のことを聞かれたらどうするかと問われ、「ちゃんと答えようと思います。ママも大変だったんだよ。テレビでお仕事したくてキャラを作った方がお仕事いっぱいもらえるからそういうときもあったんだよって、正確にお話をすると思います」と、キッパリ話し、これに報道陣は爆笑で、「大人になりましたねぇ。昔そんなこと言ってなかったですよね」と、声をかけられ、「人の親になったので嘘ついてもしょうがないので、向き合って、嘘をつかずにちゃんとお話します」と、前を向いていた。


本人にとっては、もしかしたら“こりん星”は黒歴史なのかもしれないけれど、
今となってはある意味で笑い話のようなものなので、お子さんに話しても全然問題なさそう。

こりん星云々よりも、ぶりっ子キャラというのがテレビ的にはウケていたと思うし、
メディアに登場する時は基本ぶりっ子だったよ」と、お子さんには説明すべきかもしれない。


家庭内、とりわけ旦那さんの前では、さすがにぶりっ子なんてしないだろうしねぇ。
そこまで徹底してキャラを演じていたら、疲れるとかいうレベルじゃない気がする。

小倉優子の毎日おいしい♡おうちごはん
小倉 優子
扶桑社
売り上げランキング: 101,988






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation