ソニーのPS Vita・夏キャンペーン「おっ、大人!?」篇CM。

これはヤバイ、面白過ぎるw 思わず2度見してしまう少年が良いキャラしてますな
正直、内容的にはくだらないっちゃくだらないものの、つい繰り返し動画を再生してしまう。

大人だ!!」って、そんなに大声で叫ばずにはいられないほど凄かったんだろうか?

【スポンサードリンク】

まあ、中学生に上がったくらいの年齢だと、他人の物が気になる年頃なのかもしれない。
自分の物は世間的にはどのくらいなのか、平均くらいはあるのだろうか? などなど。

個人的には、その年頃に他人と比べて自分はどうなんだ、ということは気にしたことがないので、
僕のと全然違う……」とか言って、悲しくなる事なんてなかったけどなぁ。

たぶん男兄弟がいるいないでも、その辺の意識の仕方が変わってくるのでしょう、そんな気がする。
そうじゃなきゃ、大きい小さいという瑣末なことで悩むなんて事はないんじゃなかろうかと。


ま、上記のようなことはともかくとして、PS Vitaという携帯ゲーム機を大人のハードとして
扱っている点が、このCMの中で一番注目するところなのでしょう、当然ながら。

現在、覇権を握っている3DSのソフトラインナップと比べたらそうなのだろうけど、
でも、VitaもVitaで“大人”と声を大にして言えるかといえばそうじゃないような気もするね。


3DSにはないようなセクスィーなゲームや、洋ゲーをはじめとするコアなゲームもあるものの、
それだけで大人のハードとして売り込んでいくのはちょっと厳しいような気がしてしまう。

むしろ、ちょっと教育上よろしくない感じのものが多いだけに、
中学生に上がったばかりの子らにはあまりVitaはオススメ出来ない
と思うんだけどなぁ。

まあ、中二病とまではいかないまでも、さすがにもうマリオだの妖怪ウォッチだのという、
可愛らしいキャラクターのゲームでは満足出来ないという人もいるのだろうけど、
13~14歳くらいの子にはセクスィーなゲームはやってもらいたくないというのが本音です。


もちろん、セクスィーなゲーム以外も沢山あるんだけど、
Vitaというハードを持っていたらいずれそこに辿り着いちゃうだろうしなぁ……。

いわゆる「CEROレーティング」というものが設定されてはいるものの、
だからといって中学生までの人にはCERO Bまでのゲームしか販売しませんなどと、
きちんとやってるお店なんてあるとは思えないし何とも言えません。


とはいえ、僕自身もVitaユーザーなので、もっと盛り上がってもらうためには、
中学生達にもどんどん購入していってもらう必要があるんだよね。

ハードとしての優秀さは断然Vitaの方があると思うので、とにかく頑張ってもらいたいものです。


ソニー・PS Vita2000「宣言」篇CM、若干誇大広告な気がしてならない

【PSVita】共闘先生「冒険の夏」篇CM、生瀬勝久が普通に出演してて驚く

ソニーモバイル「瓦割り篇~この感覚が、Xperia™~」CM、なぜ寂れた遊園地で瓦割りしてるの?

PlayStation Vita Super Value Pack Wi-Fiモデル レッド/ブラック
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014-07-10)
売り上げランキング: 261






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation