赤城乳業のドルチェTime・クラシックショコラ「トランポリン サラリーマン」篇CM。

「なぜトランポリンなの?」なんていう素朴な疑問もさておき、
ついつい見入ってしまうCMですな、これは。

普通に凄いやこのサラーマン、アクロバティックな感じで。

【スポンサードリンク】

「チェッ、チェッ、チェッ、ドルチェ」というタイミングでピタっと止まるし、
あんなに綺麗にポーズを決めれるものなのかと、畏敬の念を抱かざるを得ない。

後頭部がハゲたおじさんによる「よい子はマネをしないでね~」も良い味を出しているし、
映像作品として見れば非常に面白い部類に入るんじゃなかろうかと。


そういえば、ドルチェTimeって以前のCMでもちょっと突飛なことをしていたよね。



こちらはシュールさが出過ぎていて何とも言えないけれど。
でもまあ嫌いではない。ただ、どう感想を持っていいのやら悩むところかも。


これよりさらに前のCMになってくると、著名人を起用していたらしい。



この辺になってくると、今の路線とは完全に違う感じになっている模様。

というか、こういう路線こそが普通なよくあるタイプであって、
今の路線の方がおかしなベクトルを向いている気がするけれど。


まあ、どこの企業でもやっているような有りがちな事をやっていても仕方がないということで
今の路線になったということなのでしょう、たぶん。

実際に売上にも影響しているのだろうね、ドルチェの歌?も非常に耳に残る感じだし。

でも、一度突飛なベクトルへ舵を切ってしまうと、次も次もとなってしまい、
ちょっとアイディア出しに困りそうな気がしないこともないですな。

商品の良さをアピールするわけでもなく、単に映像のインパクト勝負になっているところが
なんとも危険なサイクルに陥っているように見えてしまう。

視聴者だって、次はもっと凄いものを期待し出すと思うし、
実際に僕自身も次は何をやってくれるのだろうとワクワクしちゃってるいので、
これは相当ハードルが高くなっちゃっている気がしてならないや。

しかし、上記のようなことって広告業界だけには限らない事ではあるけどね。


ドルチェTime|赤城乳業

鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) トランポリン36 ブラック×シルバー IMC-83
カワセ(KAWASE) (2012-04-05)
売り上げランキング: 117






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation