石原さとみが出演している明治・果汁グミ「グミの精いちご」篇CM。

冒頭に出てくるこの頭にイチゴを乗せた人って誰? と思っちゃったんだけど、
なるほど石原さとみだったのか。結構雰囲気が違って見えるものだね。

なんだか肌の色も白過ぎな感じだし、別人に見えてしまいました。

【スポンサードリンク】

このCMタイトルから察するに、石原さとみが“グミの精”役に扮している模様。
グミの妖精、要するにグミを擬人化した姿ということなのかもしれない。

この妖精さんのデザインに、グミ成分をもうちょっと分かりやすく表現してあれば良かったのになぁ。
服の袖の部分がシースルーになっているようで、グミ的と言えそうなのはその辺くらいかもしれない。

まあ、ゼリー状の服を着ろとまでは言わないまでも、
もうちょっとそれらしく出来なかったものかと、どうにも考えてしまうものだ。


しかしまあ、なんだかんだで石原さとみは可愛いですな。
果汁グミの石原さとみ
特に肩に値札がついているシーンの慌てっぷりがなんとも良かった。
表情の変遷であるとか、割とリアルなリアクションに見えるしね。

上の画像のように一部を切り取ってしまうとその良さが半減してしまうので、
とにかく動画で見てもらいたいところかもしれない。


それにしても、今回のCMのように、何かしら“疲れた時・失敗した時のご褒美”としての
広告商品という表現パターンが、ここ近年ちょっと多すぎな気がして辟易してきちゃうものだ。

なおかつ今回の場合はグミだもんなぁ、そんなものでご褒美に成り得るのかが疑問に思ってしまう。

わたしに、くだもの、あげましょう」というコピーにあるように、
果物は体にも良いんだからこのグミを手に取ってくださいともアピールしたいのだろうけど、
それだったらジュースなどの方が簡単に沢山摂取出来ると思うんだ、普通に考えて。

しかし、“果汁100%”を謳っているグミともなると、その他のグミと差別化を図るためにも、
体に良いですよアピールはどうしても必要になってくるのかもなぁ、う~む。

ま、どちらにしろ、何か新しい表現といったものも求めていってもらいたいものです。


明治・果汁グミ「グミの精みかん」篇CM、石原さとみに漂う“ぼっち感”が素晴らしい!

サントリー・鏡月「ひとくちどうぞ(ゆず)」篇CM、石原さとみがあざと可愛い!

「組曲×石原さとみ 2013 Autumn&Winter」CM、幻想的な世界観が素晴らしい

TCエンタテインメント (2014-05-28)
売り上げランキング: 1,746






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation