妻夫木聡が出演しているグリコ コーポレート「smile.Glico」篇CM。

最初、「一体、妻夫木聡は何者なんだ!?」と思ってしまったけれど、
列車の中で女の子達が「どうぞ」と、妻夫木聡をさし出した時点でようやく気付きました。

なるほどな、グリコのお菓子の擬人化だったわけか。

【スポンサードリンク】

皆(周囲)を笑顔にさせてくれる存在としての“ピエロ=グリコのお菓子”なのですね。
その辺はなかなかとんちが効いていて悪くないかもしれない。

実際、お菓子のおかげで悪い空気や張り詰めた空気が一転するということもあるわけで、
そういう意味でも確かに“道化”としての役割は申し分ないのかも。


みんなのキゲンがよくなれば、きっと世界はうまくいく。


上記のコピーも、めちゃくちゃシンプルで当り前じゃんか! という感じなんだけど、
その当たり前がなかなか上手くいかないのが人間関係なんだよね……。

キゲンがよくなるのも当然ながら外的要因というものが必要になってくるので、
「それを担うのが私たちの使命です!」ということなのでしょう、グリコからしたら。

まあ、これからもあらゆる場面で役立っていただきましょう、
コミュニケーションを円滑にしていくために(でも、お菓子だけでは心許ないけれど)


しかし、雪山での妻夫木聡って何のお菓子の擬人化なのだろう? そこが気になってしまう。
あんなに引っ張って食べる物ってあったっけなぁ。

なおかつ、ものすごく気温が低くても伸びるわけでしょ!? 全く思いつかないんですが。

個人的には全く登山の類ってしないから、そもそも山にはどういった食べ物を持っていくのやら、
そういった部分が全然分からないんだよね、非常に未知過ぎる世界。

雪山 お菓子 – Google 画像検索

上記のように、「雪山、お菓子」というワードで画像検索してみるもよく分かりませんでした。

まあ、雪山とはいえ火は使えるだろうから、
温めて伸びるお菓子と考えると、キャラメルかマシュマロとかなのかなぁ? そんな気がする。

それにしても、ここ近年“商品の擬人化”CMがやけに増えている気がしないこともないや。


ロト7「続・話は変わる」篇CM、柳葉敏郎は相変わらず潔癖な人間を演じたくてしょうがないらしい

「ロト7」キャリーオーバー発生中・限定CM、柳葉敏郎ってこういう演技しか出来ないんだろうか?

Canon(キヤノン)EOS 70D「The Wind」篇CM、妻夫木聡が出演しているロケ地が気になる



[ad#336×280]






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation