嵐・松本潤が出演している明治のチョコレートカーニバル「カーニバルの男」篇CM。

こ、これはどういう世界観になっているんだ!? と思わずにはいられない。
全体的に映像が暗めだし、なんだか妙な居心地の悪さを感じさせられてしまう。

でもまあ、このヨーロッパ的な雰囲気は悪くないけれど。

【スポンサードリンク】

彼らが着けている仮面の感じからしたら「ヴェネツィア・カーニバル」を意識しているのかな?
とか思ってたら、宣伝しているチョコの商品名が“チョコレートカーニバル”だったとはね、なるほど。

そうなってくると、チョコレートカーニバルはどういった理由で名付けられたの? と
気になるところなんだけど、これは別にヴェネツィアが由来というわけではないのでしょう、たぶん。

単にカーニバル繋がりで何となくCMを製作したのかも、そんな気がしないこともないや。

しかしまあ、以前にも同じく明治の「きのこの山・たけのこの里」CMに松潤が出ていたと思うけど、
この時も大人になったピーター・パンを演じるなどしており、
彼が出演する明治のCMってどうしても突飛な感じになってしまうみたいですな。



“ファンタジーと言えば松潤”みたいな感じにCM業界ではなっているんだろうか?
そのくらい彼に変わった役をやらせたがる製作者が多いんだなぁ、不思議。

まあ、嵐・二宮君あたりもグリコのポッキーCMで「え!?」という感じの役をやっているけれど。

それにしても、今回のチョコレートカーニバルCMでの松潤の役柄って一体何なんだろう?
取り巻きを従えている“権力者”的な存在なのかなぁ。

でも、そんな松潤に対して、「冬と言えば鍋じゃ!」「僕、冬はミカン」と言ったりするなど、
特別敬語を使っているわけじゃないんだよね、その辺が非常に関係性を分かりにくくしている。

まあ、魔法の力(暴力)により松潤によって支配されているのは確かなのだろうけど、
普段はタメ口で会話が出来るという関係性ってどういったものなんだろうか? 気になるなぁ。

一瞬、家族なのか? とも思ったけれど、家族に暴力もねぇ……、でも無きにしも非ずか。


JCBカード「世界中移動」篇CM、二宮和也が瞬間移動する切っ掛けって何なんだろう?

J!NS「メガネはジンズだ」篇CM、歌がズンドコ節に聴こえてしょうがない!

【日立】冷蔵庫・真空チルドFS「新鮮をいただき」篇CM、櫻井翔は未来人!?

Bittersweet(通常盤)(CD)
Bittersweet(通常盤)(CD)
posted with amazlet at 14.01.11

㈱ジェイ・ストーム (2014-02-12)
売り上げランキング: 18


[ad#336×280]






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation