このCMをいつも観るたびに、「なんて無邪気なんだろ」と毎回思ってしまう。
「すごい楽しそうに遊んでるなぁ、僕もまぜてよ~」、そんな感じ。

しかし、なぜこんなにも年齢層が高いのだろうか? その辺も疑問です。

【スポンサードリンク】

とかなんとか、思って注視しながらCMを観ていたら、
こどもゴコロが目を覚ます」っていう文言が思いっきり出ていたね。

なるほど、このシェイクを飲むとそういう気分になりますよ、ということか。
しかし、そもそも大人がシェイクを頼むということ自体が若干敷居が高い気がしないこともない。

マックとかじゃなくても、ジュースを頼むことすら一瞬躊躇してしまうからなぁ、個人的には。
ほんとはコーラが飲みたいのに、子供っぽいと思われたら嫌だからコーヒーにしちゃうとか。

周りのこと、特に店員さんのことなんか気にせず注文すべきなのにね。
それは重々分かっているにも関わらず、声に出す時につい躊躇してしまうという切なさ……。

ま、そういう大人が多いということを見越して、
そんなこと気にせず大人の方もどんどん注文してね、ということをこのCMでは言いたいのでしょう。

とまあ、そういう風に理解しておこう。


Welcome to McDonald’s Japan

勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
原田泳幸
朝日新聞出版
売り上げランキング: 34,847


[ad#336×280]






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation