日清カップヌードル「SURVIVE! リア獣との闘い」篇CM

毎回色々と趣向を凝らしたCMで話題の「SURVIVE!」シリーズなんだけど、
今回はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をモチーフにして描かれている模様。

【スポンサードリンク】

SNSって便利ではある一方で、たくさんの弊害もあるわけだけど、
このCMではその弊害の一部を風刺しており、「あるある」という感じで非情に面白い。

特に某Facebookだと、本名を晒して利用しないといけないわけだし、
内輪で盛り上がってたりしたら、自分ひとりだけ「いいね!」しないわけにはいかないとか、
そういった縛りみたいなものもあるのだろうなぁ。

くだらなくても「いいね!」しなくてはいけない義務感、確かに苦痛かもしれない。

おまえも『いいね!』しろ! 嫌われるぞ!!」とかCMの登場人物が言ってたりするけれど、
まさにこれが問題の本質と言えるのでしょう。

SNSの利用から起きる“ソーシャル疲れ”の恐ろしさ – NAVER まとめ

↑ 最近ではソーシャル疲れなんていう言葉まで出来ちゃったみたいだし、
事は深刻な感じにもなっているっぽいですな。

ちなみに、僕はブログ用のFacebookページは利用しているものの、
それ以外では使っていないので、全く疲れようがないのが現状だったり。

俺は絶対にしない! 本当に『いいね!』と思った時しか!!」と、
皆そういう風に思えるようになれば良いのにね。


日清カップヌードル「SURVIVE! 初めての合コン」CM、剣闘士をモチーフになかなか面白い仕上がり

日清カップカレーライス「メール&この前」篇CM、市原隼人のあるあるネタに新鮮味がない

日清麺職人「生めんにきびしくて」篇CM、錦織圭のイメージ像が若干崩れてしまう



[ad#336×280]






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation