本木雅弘、宮沢りえ、草なぎ剛(元SMAP)が出演している
サントリー緑茶 伊右衛門CM「こころの茶屋 ティザー/歌」篇。

う~む、舞台は江戸時代ということらしいけど、地面はアスファルトのままになってません!?
今やCGでいくらでも映像を加工し放題な時代だというのに、なぜこんな単純ミスを……。

多少なりとも砂埃でも舞っていたほうが、臨場感が出て良かっただろうになぁ。
ほんと全体的に見てもあまりに綺麗過ぎて、全くタイムスリップ感が出ておらず残念すぎる。

【スポンサードリンク】


「気がつくと僕は、そこにいた」
「草なぎ剛、江戸時代へ」
「おこしやす」
「来たかったんです、この茶屋に」

「大変ですよね、生きるって。傷つけたり、傷ついたり」
「どうぞ。お茶は揉まれて、傷がついて、ええ味が出るんですって」
「ええ味かぁ」

「こころに、お茶を。新しい伊右衛門」
「ええ味~♪」


伊右衛門CM「こころの茶屋 歌 特別」篇



「なんだか歌いたくなってきました」
「え?」
「歌います。ええ味~♪ 出てる~♪」


伊右衛門CM「こころの茶屋 足しびれ」篇



「あいたたたた……」
「ええ味出てるなぁ」


なるほど、人間も揉まれて傷ついた方が、ええ味が出るわけか。確かにそうなのでしょう。
ただ、傷ついても、そこから乗り越えられるか否かが重要だよなと、思わずにはいられない。

吐き出す術を知らずに、自分ひとりで全てを抱え込んでしまう人も少なくないので、
傷ついた後どのように心を癒すかという部分を、もっとフィーチャーして欲しいところかも。

お茶を飲んで「ふぅ、癒されるわぁ♪」で済むのなら、ほんと平和な世の中なんだけどなぁ。


あと、ネット検索をしていたら以下のような記事を発見しました。


宮沢りえ、結婚発表後初の公の場に!草なぎ剛&本木雅弘が美しさを絶賛

本木は「今回”こころに、お茶を。”という企画で、ざわついたこころを鎮める・和ませてくれることを全面に打ち出しています。ざわついたこころのリアリティのある草なぎさんのような方をお招きしているということが自分でもとてもワクワクしました」と新CMの魅力を話した。


これはなんとも意味深な言い方をされるものだ、本木さんw
そりゃあ草なぎさんは、事務所問題とか色々なことで心がざわついていること請け合い。

でももう、それらの問題ってあまりメディアで言われなくなったことだし、
ある程度落ち着いたということなんだろうか? 元メンバーの皆もそれぞれ普通に活動してるしね。

一部報道では、退所したメンバーとキムタクも和解したみたいなことを言っていたし、
事務所間の軋轢はあれど、個々人として見ると悪くない方向に進んでいっている予感、たぶん。


どうでもいいけど、草なぎさんがボーダーを着ると楳図かずおっぽく見えて仕方がない、まったく。



【草なぎ】1本満足バーCM「マンゾクな空の下」篇、気持ち悪いと言ってはいけない風潮があった(?)ジャニーズ時代







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation