今更ながら、明治「R-1」CMの新妻さおりん(吉田沙保里)が好評を得ていると知りました。
え~、あんなベタな内容が世間ではウケているのかと、ちょっと驚かされてしまう。

それ以前に、吉田沙保里が完全に芸人ポジションになっているのが何とも言えないんですが……。
あれって、よくあるブサイク女性芸人が“モテる&デキる女性を演じるネタ”と一緒なんだよね。

見ていて非常に痛々しい、吉田さん本人はそういう扱いで納得しているのかが気になるものだ。

【スポンサードリンク】


明治「R-1」新妻さおりんCMが支持されたワケ

CMを好きだと答えたモニターからは「CMなのにおめでとうと感じた」「見ているとほっこりする」「幸せそうな笑顔が好感を持てる」とその狙い通りのコメントが散見された。さらに、吉田本人に対して「本当に幸せになってほしい」などのエールが届くのは、彼女がアスリートとして今まで計り知れない努力を積み重ね、輝かしい実績を残し、リオ五輪での涙の敗戦を乗り越えて前を向いた姿を人々が見てきたからだろう。

「体調第一家族」シリーズは、“さおりん”のライフイベントを明るく描いて多くの視聴者の支持を得た。見る人がつい応援したくなる幸せオーラ全開の“霊長類最強妻”吉田沙保里の笑顔の伝播力は、やはり最強だ。


確かに「見ているとほっこりする」というのはあるけれど、
前提として、吉田さんがモテない女性だというのがあるから成立しているネタなんだよな……。

これが普通に綺麗な女優さんが同じ役を演じていたら、全くウケていなかったのは明白。
視聴者側が上から目線で語られる、優越感を覚えられるキャストだからこその評価なのでしょう。


「好感が持てる」とか「応援したくなる」とか言っている人って、
少なくとも“自分は吉田さんよりもルックスが上だ”と思っている人が大半なんじゃない?

その辺の裏の気持ちが見え隠れしていて、何とも言えない気分になってくるものだ。
正直、このCMを見た人の性別によっても、ずいぶんと評価が変わってくるような気がするね。


ほんと、吉田さんにはモテない自分を売りにするのは止めてくれ! と言いたい衝動に駆られる。
段々と自虐的な感じにも見えてきちゃうので、あの輝かしい実績が霞んでいってしまい切ない

実際、こういったネタは芸人さんだけでもお腹一杯だし、一体何番煎じなんだ!?
ある種、山田花子であるとか、その辺の系譜というものを感じさせられなくもないや。


そういえば、吉田さんが出演する以下のようなCMも唐突に思い出してしまった。


夢王国と眠れる100人の王子様CM「ホントは・・・守られたいの」編



こういうのも、着飾った吉田さんを見て爆笑してもらうことを意図しているんだよねぇ?
本人もそれで良しとしているのかもだけど、やっぱり痛々しく見えるのだぜ……。

フリーになって食べていくためとはいえ、もうちょっと仕事を選べばいいのに。

迷わない力 ―霊長類最強女子の考え方
Posted at 2018.2.15
吉田沙保里
プレジデント社







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation