【スポンサードリンク】

【動画】1960年代のケンタッキーのCMがホラー映画並みに恐ろしい件

カーネルおじさんの意外な素顔が発覚したのは、1967年にアメリカで放送されたKFCのCMにて。同CMには、当時77歳だったカーネル自身が出演しており、薄暗い部屋に集まった主婦たちに「フライドチキンの極秘レシピを教えろ!」と迫られ、嘘発見器にかけられる様子が描かれている。


とりあえず、上の記事本文を読むより先に貼付されているCMを観てみたんだけど、
ほんと一体何が描かれているのやら分からない、気味の悪さしか感じなかった。

この映像の暗さというものも、何とも言えない恐ろしさを醸し出しているよね。
それに加えてあの嘘発見器の針の描写とカーネルおじさんの高笑い。

もう完全にホラーですわ……。

あとから、記事本文を読んでCMのストーリーを理解したわけだけど、
コンセプトは面白いと思うものの、なんでまたこんな演出をしたのだろう?
ケンタッキーのお店の雰囲気とはかなりかけ離れてるとしか言いようがない。

これがカーネルおじさんのドS気質の片鱗というやつなのか……。


海外「ケンタッキー」CMにジーンときた

カーネル・サンダースの教え 人生は何度でも勝負できる!
中野 明
朝日新聞出版
売り上げランキング: 57,276

[ad#336×280]






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation