西島秀俊、滝藤賢一が出演している日清ラ王CM「食べたい男 具は何を」篇。

このCMシリーズは個人的にも大好きで長く見続けているけれど、
シリーズが続けば続くほど西島さんがラ王を食べられないままというのも悲しいところですな。

いいかげん西島さんにはラ王を食べさせてやりたい、でもCMは続いて欲しいという葛藤。
このあたりの気持ちに折り合いをつけつつ作品を見届けなくてはいけないものだ。

【スポンサードリンク】


「お、盛り上がってるな」
「あ、西島さん丁度よかった。ラ王に具は何を入れるか、今みんなと話してて」
「西島忙しいんだからさぁ……」
「滝藤家はカマボコがマストなんですよね」
「○○○○」

「西島さんの家は、ラ王に何入れます?」
「まあ、色々だろ……」
「うちは何も」
「何も?」
「あぁ、何も。……もう、いいかな」

「西島、ごめん……」
「食卓王国に。ラ王、袋麺」


(ある不特定の)袋麺に具は何を入れるか、という話をしているのではなく、
「“ラ王”に」と決められて話が盛り上がっているところが、なんか凄い。

この会社内でラ王が流行っている状態なのだろうか? そんな気すらしてしまう。
全体じゃなくとも、同じ部署の人達の間で流行っているということなのかもなぁ。

それはそれで、西島さん1人が仲間外れのような状況に陥ってしまっているようで、
なかなか切ないものだ。同僚相手なら食べれないことをカミングアウトしてもいいのでは?


でも、それが女子社員相手となると、なかなか恥ずかしいものなのかもしれない。
「妻が作ってくれないから食べれない」とか言っても、自分で作れ!と言われそうだしね……。

最初のラ王は妻に作って欲しいという願望も、そろそろ限界なんじゃなかろうか

食べれないくせに、ラ王の袋だけは会社に持っていってたりするわけでしょ??
当然、周囲からはラ王の食べ方にこだわりを持っているかと思われてそうなのに、
食べたことがないからこだわりなんて無しという薄っぺら感……、どうしようもない状態ですな。

何というか、見ていて痛々しさが極まってきた感じかもしれない。


あと、公式WEBサイトにて「撮影こぼれ話」が載っていたので引用してみる。


日清ラ王

なんといっても、見ものは30秒CMの滝藤さんの”なんとかごまかそうとする表情”。
これまでにも何回か西島さん・滝藤さんのやりとりの企画はありましたが、
その中でも今回は”バツが悪い滝藤さん”という、新しい演技が求められる企画。


確かに良い演技してるね、滝藤さん。

でも、女子社員たちがいる前で「西島、ごめん……」とか言っちゃったら、
全くもってごまかせてないと思うんだけどなぁ、もうちょっと配慮すべきだったかも。


クリーピー 偽りの隣人 豪華版[Blu-ray]
松竹 (2016-11-02)
売り上げランキング: 634


【西島秀俊】日清ラ王CM「食べたい男 南国出張」篇、もうかれこれ2年近くもラ王を食べることが出来ずにいるわけか……






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation