マイケル富岡が出演している日清焼そばU.F.O.(ユーフォー)CM「エクストリームZERO!」篇。

前回CMを見て、富岡さんはヤキソバン以来の日清CMへの出演かな? とか思ったものだけど、
まさかまさか、そのヤキソバン役として再登板を果たしちゃうとは衝撃以外の何物でもない。

やっぱり、日清サイドの方からしても、「日清 → マイケル富岡 → ヤキソバン」
というイメージが強烈に残っているということなのだろうなぁ。当時かなり人気があったもんね。

【スポンサードリンク】


「なぜヤキソバンは悪へ堕ちたのか?」

「おい見ろよ、U.F.O.(ウホ)だってよ(笑」
「マジ最悪なんだけど」
「ママ」「見ちゃ駄目!」
「なんだあれ(笑」

「落ちぶれたヒーロー」

「200円!?」
「ヤキソバマン、ヤキソバマン!(笑」

「焼そばの怒り」
「黙れーーー!!!」

「なぜヤキソバンは悪へ堕ちたのか?」
「日清焼そばU.F.O.(ユーフォー)、エクストリーム」

「焼そばなんて、こりごりなんだよっ!!」


以下は、「エクストリームZERO!」篇の完全版。

日清焼そばU.F.O.CM「エクストリームZERO! ~ヤキソバンの悲劇~」篇



前回CMの最後にマイケル富岡さんがチラッと映って、
吉川晃司さんが「Father!」と呼びかけていたから、そこで親子なのだと気付いたけれど、
まさかそれが、かつてヤキソバンだったという物語設定になっているとは驚きですな。

ちゃんと息子のソース(子供時代)も出してくるとか、にくい演出だこと。
ほんとは二代目ヤキソバンをやってもらいたいと思い、練習までさせていたわけか……。

(実際問題、子供ヤキソバンみたいなのが出てきたら、それなりに人気があったとは思う)


そして、今では誰からも見向きもされない落ちぶれたヒーローとなってしまったヤキソバン。
ヤキソバン 「はい、君あやしー!」には、ちょっと笑ってしまう。
これが若い女性だったらコスプレしてるだけと思われて、お咎めなしなんだろうなぁ……。

結局「焼そばなんて滅びてしまえばいいんだ、地球ごと滅びてしまえばいいんだーー!!」と、
八つ当たりにもほどがあるだろ! と言わんばかりの悪堕ちっぷりでありました。


それから、数十年の時を経て魔王となってしまったヤキソバン。
てか、冒頭で(54歳・無職)となっていたけれど、その年齢から数十年経っちゃったの?

「懐かしい」とか言われてる居酒屋のシーンから数十年後と捉えると、
今では70代、80代という設定になっているのだろうか?? その辺が気になってしまう。

ま、宇宙に飛び出して、そこで魔王になったわけだから、
科学技術がものすごく発展していて、年齢による寿命なんてない世界観なのでしょう(たぶん)


どうでもいいけど、魔王の仮面を運んでる人ってMr.マリックさんじゃないよねぇ?
物を空中浮遊させててサングラスをかけていたら、全てがマリックさんに見えて仕方がない。


日清 焼そばUFO 128g×12個
日清食品
売り上げランキング: 1,017


【吉川晃司】日清焼そばU.F.O.CM「エクストリーム2!」篇、もしかして父親役は“マイケル富岡”さん!?

【吉川晃司】日清焼そばU.F.O.CM「エクストリーム!」篇、B級感は出てるけどもう少し古臭さが欲しかった






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation