ビートたけし、小林幸子が出演している日清カップヌードルCM「OBAKA’s大学テラ幸子」篇。

前回CMは矢口真里が出演したということで、クレームが殺到し1週間で打ち切り。
この新シリーズも悲運の船出となったわけだけど、意外と早く新作が発表されたみたいですな。

ここはもうガラッとイメージを変えてくるのでは? と、個人的には思っていたものの、
前回出演者が普通に登場してくるなど、単に矢口さんがリストラされただけだったり??

【スポンサードリンク】


「もっと早く!」
「重てぇ……」
「大晦日まで、1年切ったわよー!(機械工学部・小林幸子教授)」
「あぁ、もうダメだ……」

「だから、テラ幸子の口が開いて、こっからこう飛び出る!」
「ダメ! 全然ダメ!! 私はね、伝説を作りたいの!!」

「てか、普通に歌えよな」「な」
「おい!」
「学長!?」
「本気でバカやんなきゃ、世の中変わんないよ」
「いまだ! バカやろう!」

「CRAZY MAKES the FUTURE.」
「カップヌードル」

「あぁ、染みるわぁ……」
「これのCMだろ、バカやろう」


ちなみに、前回CMで紹介された本シリーズの登場人物(教授)は以下の通り。

小林幸子(機械工学部)、ムツゴロウ(生物学部)
矢口真里(心理学部)、新垣隆(芸術協力学部)


様々な問題で世間を賑わした“お騒がせ芸能人”さん達が、
自虐ネタを披露するというのがコンセプトになっていたのかな?(現在進行形?)

まあ、矢口さんの場合は、「倫理的な観点から見てどうなんだ?」というのがあったので、
クレームが来てしまうのは理解出来るところです(見たくない物を見たくないと言うのも必要)


そんな中で、今回の小林幸子さんの場合は、芸能事務所のスキャンダルであって、
言わばお家騒動といったものだったから、視聴者にとっては特に害はなかったわけだ。

傍から見れば、彼女らのプロレスを単に見せられていただけで、関心or無関心の2択しかない。
不倫は世間にも想像しやすいものであるのに対し、事務所の問題は少し分かり辛いものだしね。

そのスキャンダルの想像のし易さが、お騒がせ芸能人の明暗を分けているのかもしれない


それから、ネット検索をしていたら以下のような記事を発見しました。


もはや芸能界のご意見番?矢口真理、需要増で地位確立へ

2016年は、ベッキー(32)と川谷絵音(27)の報道にはじまり、乙武洋匡(40)、狩野英孝(34)など、不倫・浮気といった恋愛系スキャンダルがワイドショーを騒がせています。そういった中で、ダイレクトなコメントは大炎上しかねませんが、現場の声として矢口のコメントが求められる場面が少なからずありました。矢口にとっては、復帰への足がかりとして絶好のタイミングになったのではないでしょうか


不倫スキャンダルがワイドショーを賑わしている現在、
現場のダイレクトなコメントとして矢口さんの需要が高まっているんだそうな。

まさか、こういう流れになってくるとは本人も思わなかったことでしょう、言わずもがな。
ほんと如実に増えてきた感じがするよね、こういった不倫ネタって。

つい最近では、都知事も不倫?という話題もあるようで、矢口さんの本格的な復帰も近い?

さちさちにしてあげる♪
小林幸子
SPACE SHOWER MUSIC (2016-01-27)
売り上げランキング: 11,659


日清カップヌードルCM「OBAKA’s大学に春が来た!」篇、矢口真里の登場に衝撃を受けざるを得ない!

【西島秀俊】日清ラ王CM「食べたい男 南国出張」篇、もうかれこれ2年近くもラ王を食べることが出来ずにいるわけか……






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation