大泉洋が出演しているヤマサ・まる生ぽん酢CM「4人の小泉さん」篇。

庶民的なオーラを醸し出している大泉さんが食品関係のCMに出ているのを見ると、
異様にしっくり来る感じがして妙な安心感があるから不思議なものだ。

落ち着く顔というか何というか、まず食べ物を何でも美味しく食べられる人、
もしくは傍から見てそのように見える人じゃないと無理なのだろうなぁ、こういうCMって。

(時々、眉間にシワを寄せながら食す人がいるけれど、そういう人だと絶対無理そうだ)

【スポンサードリンク】


「お、冷しゃぶサラダってこんなに美味しかったっけ?」
「だって4つの生だもの!」

「醤油も、果汁も、出汁も、酢も、まるごと生のハーモニー♪
 まる生ぽん酢は、ヤマサ!」


しかし、CMタイトル見て、「いやいや、大泉さんは5人出てるじゃん!」と思ったものだけど、
よくよく見るとタイトルは「4人の“小”泉さん」篇になっていて、完全に見間違えておりました。

「小人の大泉さん」ということで、小泉さんということなのかな?
まあ、どちらにしろ、大泉さん本人の前に自分の分身が現れたという構図なのでしょう。


例え、これが妖精さんとかだったとしても、かなり驚くとは思うんだけど、
そうではなく、自分自身の小さいVer.というのは相当ショッキングなことだと思うんだ。

でも、大泉さんの場合、一瞬「ん?」という顔をしただけで受け入れてしまうという凄さ。
普通の人だったら逃げ出すレベルだと思うんだけどなぁ(普通の幽霊より怖いと思う)

生で自分の分身を視認するという恐ろしさ
4人もいるので、ドッペルゲンガーの比ではないんじゃなかろうか……。


あと、ネット検索をしていたら以下のような記事を発見しました。


大泉洋が4人の“小泉洋”として歌声を披露 衣装替え19回もほぼ一発OKの役者魂見せる

演じた四つの素材は髪形と服装が違うため、役ごとの衣装替えは19回にも及んだ。さらに“しょうゆ”が明るいキャラ、“果汁”がさわやかキャラ、“出汁”が渋めキャラ、“酢”はライトなキャラと大泉がそれぞれのキャラクターを設定し、ほとんどのカットを一発OKで撮り切る役者魂を見せつつ「ちょっとずつ髪形が違ったりするものですから、CMを4本撮ったような感じがしてとても楽しかったですけど大変でした」と振り返った。


え、ほとんどのカットが一発OKだったにも関わらず、19回も衣装替えしたの?
なんだか、すごく効率の悪そうな撮影だったんだなと、素人ながら考えてしまうんですが。

大泉さん&小泉さん合わせて5つの衣装があるから、一発OKなら5回で済まないものなのかなぁ。
それぞれ個別に撮影して合成するだけでは完成には至らないとは、思ったより複雑なのですね。


ちなみに、こちらは本CMのメイキング映像。

大泉洋出演「ヤマサ まる生ぽん酢」CMメイキング映像



意外といってはなんだけど、CMの雰囲気と違って緊張感のある現場に感じますな。
まあ、編集されてるからそう見えるだけで、ずっと張り詰めた空気だったわけではないのかも。

【早期購入特典あり】悪童 (特製ポストカード付き) [Blu-ray]
アミューズ (2016-05-25)
売り上げランキング: 1,170


【大泉洋】アサヒもぎたてCM「24時間以内への挑戦」篇、国産レモンなのだと勘違いしそうな予感






【関連記事】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation