ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社・辛王「辛萌え動画」、
グラビアアイドル/今野杏南”汗染み監視”篇。

美女×激辛スープ=「辛萌え(からもえ)」という、
よく分からない公式を打ち出し公開されたプロモーション動画が話題になっているらしい。

あまりに露骨過ぎて、「こういうのも萌えっていうの!?」と疑問符が湧き起こってしまう。

【スポンサードリンク】


公式【辛萌え動画2/5】声優/芹澤優(i☆Ris)“恥じらいながらの演技”篇【辛王】/からもえ



公式【辛萌え動画3/5】アイドル/吉川友&仙石みなみ”強制密着・二人羽織”篇【辛王】/からもえ



公式【辛萌え動画4/5】女優/武田玲奈”18歳の初挑戦”篇【辛王】/からもえ



公式【辛萌え動画5/5】コスプレイヤー/御伽ねこむ”汗だくの撮影会”篇【辛王】/からもえ




本来「萌え」って、こんな風に他人から押し付けられるものではなく、
自分で見出していくものだったと思うんだけどなぁ。

「こういうものが萌えなんだよ」と決め付けられたものに面白味なんて無いと思うし、
人それぞれ趣向が違っているからこそ、そこに人間臭さも混じって面白かったというのに……。

なんだか時代を経るとともに、「萌え=○○」ってハッキリ示してあげないとダメになっている
今の現状が何とも切ない気分にさせられるものだ(そこまで具体的にしないとダメなことなの?)


でも、これらの動画が、ある特定の人物1人の趣味趣向によるものだと仮定したら、
それはそれで面白く感じなくもないですな。

要するに、製作者の「せ○へき」を全面に押し出しました!というのなら興味深く感じる

「こんな変態が世の中にはいるのかよ!」みたいに、面白おかしく見ることが出来るので、
製作者の「せ○へき」であるということをハッキリ言ってしまった方がいいんじゃなかろうか?


「萌え」という普遍的な言葉を使ってカモフラージュさせずに、もっと堂々としてほしいね。


武田玲奈1st写真集「short」
武田 玲奈
集英社
売り上げランキング: 61






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation