大澄賢也、いか八朗、コムアイ(水曜日のカンパネラ)が出演している
日清食品・日清ホワイトカレーメシ「哀しみの荒野」篇CM。

なかなかのインパクトを残してくれた日清カレーメシ2のCMから早数ヶ月、
また新たなCMが発表されたみたいです。もはや「なんのCMだ?」という塩梅。

シュールだとかぶっ飛んでいるとかいうレベルではなく、理解不能すぎる。
これを製作した人の頭の中を覗いてみたい! そんなことを思ってしまう内容ですな。

【スポンサードリンク】


「最近、人気らしいな」
「いかさん、頑張って!」
「いいじゃない」

「貴様、くらえーー! ゴッドエーーックス!!(?)」
「大澄さん、頑張って!」

「ふぅぅ、いかビーーーム!!」
「ふたりとも、頑張って!」

「うおぉぉぉーーー!!!」
「フハハハハ、フハハハ、ハハハハハ、フハハハ……」

「はぁぁぁーーー!!」
「ホワイトカレーメシ出たよ」


はじめ「北斗の拳」っぽいなと思ったら、あっと言う間に裏切られてしまった。
いきなりビームらしきものの撃ち合いになってしまい、「ドラゴンボール」的に見える。

彼らがいる場所も、ちょっと地球っぽくなくて他の惑星のようにも見えるんだよね。
SFファンタジーといった感じになっているのかな? なんとなく。


そもそも、なぜ彼らは争っているのか? Youtubeの説明のところに以下のような文言が。

荒野で対峙する二人の漢。

挑むは、最強の名をほしいままにする大澄賢也さん。

受けて立つは伝説の老師、いか八朗さん。

一触即発の緊迫感の中、水曜日のカンパネラ・コムアイさんが声援を送ります。

やがて切って落とされる戦いの火蓋。ぶつかり合う技と技。

かつてはあんなに仲睦まじかった二人も、今となっては敵同士。

勝負の行方やいかに・・・


最強と伝説の争い、一体何故なのかはこの説明でもよく分からないものだ。
「最近、人気らしいな」という大澄さんの嫉妬心から一触即発? まさかそんな単純な……。


日清カップヌードル「錦織 VS ドローンインベーダー」篇CM、ディストピアっぽい世界観が興味深い!



最近、日清カップヌードルのCMでもSFファンタジーっぽいのをやっていて、
こちらは「地球に残された最後のエネルギー源であるカップヌードルをインベーダーが
奪いにやってくる」という設定なんだけど、カレーメシと同じ世界観だと考えると結構面白い

両者とも荒廃した世界のように見受けられるし、繋がりがあったら良いなと個人的には思います。


それにしても、いか八朗さんって何者なんだろう? と思ったらちゃんとWikiがある模様。

いか八朗 – Wikipedia

御年81歳、タレント・作曲家・俳優・リポーターでもあり、かなり多彩な方なんだなぁ。
若い頃はどんな感じだったのやら非常に興味深いものだ。

日清食品 ホワイトカレーメシ 114g×6個
日清食品 (2015-11-02)
売り上げランキング: 3,794


日清カレーメシ2「大澄賢也の場合」篇CM、さすがにダンスはキレが良い!でも気付けばカオスな映像に(その他シュールなCM多数)

日清カレーメシ2「ペコチンダンス 」篇CM、“ペーペコチン!”が頭の中でループしてしまいヤバイ!& もしや大澄賢也さん?






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation