西島秀俊、滝藤賢一が出演している日清ラ王「食べたい男 食べていけよ」篇CM。

あれ、ついこないだ新作を見たと思ったら早くも別バージョンが発表されたのですね。
まあ、前回は吉田鋼太郎さんがメインだったので、西島さんメインもあって然るべきなのかも。

ほんと前回CMって、西島さんが空気同然だったもんなぁ……。

【スポンサードリンク】


「ファー!」
「ファーー!!」

「じゃあ、気を付けてな」
「ああ」

「それもう、うちで食べていったらどうだ?」
「ありがとう、でも止めとくよ」

「そうか」
「最初のラ王は妻のラ王って決めてる」

「そのこだわり、何の意味がある? 何が打開出来るって言うんだ。
 そういうところじゃないのか、ラ王も、ゴルフも……」

「食卓王国に、ラ王袋麺」


この一連のシリーズを見る度に、「もう自分で作ったらいいじゃない」と思ったものだけど、
そっかー、やっぱり西島さんは“妻に作ってもらうラ王”というこだわりを持っていたわけだ。

最愛の奥さんに作ってもらうラ王、そこにある種の憧れがあるということなのでしょう。
現に、同僚である滝藤さんは奥さんに作ってもらっているわけだしね。

だから、自分で作ったり、他人の奥さんに作ってもらうのでは何の感動も起こらない。
素晴らしい考えではあるけれど、だからこそ余計に辛さに拍車が掛かっているんじゃなかろうか?


休日のゴルフにまでラ王袋麺を持参してしまう西島さん。
これはもう、傍から見たら精神を病んでいるようにしか見えないものだ。

周りの人間からはこれだけ気遣われているというのに、
肝心の奥さんは自分の旦那の奇行について耳にしたりしないのかなぁ? その辺が不思議。

こういうのって、絶対ご近所さんでも噂になっていると思うんだ。
壁に耳あり障子に目ありとはよく言ったもので、結構見られているもんだからねぇ。


そういえば、以前「俺が本当に好きな味は豚骨醤油なんだよ」とか言っていたのを思い出した。


日清ラ王CM 「食べたい男 あきらめる理由 篇」



せっかく好きな味が発売されているのに、いまだに普通の醤油味を持ち歩いているんだなぁ
しかも、たいそう大事そうに助手席に置いているだなんて。

てことは、滝藤さんは車の後部座席に乗って帰ってきたのだろうか? その辺が気になる。


ダブルフェイス ~潜入捜査編・偽装警察編~(2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-10-21)
売り上げランキング: 3,640


【木村多江】日清ラ王「食べたい男 外では言っちゃいけない」篇CM、ついにラ王を食べることが出来るのか!?大きな局面が来たものだ(西島さんは除く)

【GACKT】高額当せんくじ・BIG「お金持ち入門(Part3・4)」篇CM、前作より脈絡のない内容に感じてしまう……






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation