剛力彩芽が出演している山崎製パンのヤマザキ・ランチパック「3人の彩芽」篇CM。

“ランチパックと言えば剛力彩芽”というイメージはすでに定着していると思うんだけど、
本人が3人も登場しちゃうのには、なかなかのインパクトを感じざるを得ない。

特に真ん中のロングヘアには驚かされる。ちょっとカツラっぽく見えるけどね……。

【スポンサードリンク】


「ランチパック」
「TUNA(ツナ)、PEANUTS(ピーナッツ)、TAMAGO(たまご)」

「ワタシ、満タス、ランチ!」

「ヤマザキ、ランチパック」
「こちらもおすすめ」



以下は、それぞれ個別バージョンのCM。


[CM] 剛力彩芽 Ayame Goriki / ヤマザキ ランチパック たまご – 3人の彩芽篇



ランチパック ピーナッツVer. ランチパック ツナマヨネーズVer.)


「TUNA、PEANUTS」と来たら、そこは「EGG」じゃないのかよ! と思ってしまうわけで。
「TAMAGO(たまご)」って英語風に発音しているところで、ちょっと笑ってしまうw

でもまあ、“たまご”という言葉の語感や、音自体には可愛らしさがあるから悪くはないけれど。


あと、ネット検索をしていたら以下のような記事を発見しました。


ヤマザキ、剛力彩芽が「アクティブ女子大生」、「大人女子」、「ふんわり女子」を演じる「ランチパック」TVCMとメイキングを公開 – ナビコン・ニュース

剛力彩芽がランチパックの定番メニューに合わせて、「ツナマヨネーズ=アクティブ女子」、「ピーナッツ=大人女子」、「たまご=ふんわり女子」という3つのキャラクターを一人三役での演じ分ける。

「ツナマヨネーズの“アクティブ女子”は、普段の自分に1番近いキャラクターでした。でも、ダンスをどう見せるか、という部分はすごく考えましたね。ノリノリだけど、ただ子供っぽくは見せたくはない、かっこ良く見せたくて」

「モデルのようにランウェイを歩く感じで大人っぽさを表現しました。短い時間の中でどうすれば大人っぽさを表現できるかを意識しましたね。いろいろな笑い方の表情を変えてみたり、歩く姿勢や歩くときの足の出し方、手の動かし方も気をつけました。
ひそかにランチパックの持ち方も意識したんですよ。特に、ピーナツは指がきれいに見えるようにとか。逆に、たまごの場合はちょっぴりかわいく見えるように、とか」

「やはり、“たまご=ふんわり女子”のキャラクターが演じていて難しかったですね。普段の私は、どちらかというとボーイッシュな方なので・・・。だからこそ、演じていて楽しかったし、新鮮でしたね。どう表現したらかわいく見えるのかなと考えたり、すこし髪が長めになるだけでかわいい女の子の気持ちになりきることができました」


なにぃ、それぞれにキャラクター設定というものが一応あったのですね。
剛力さん本人も色々と考えて演じ分けていたわけか、なるほど。

しかし、ピーナッツが「大人女子」と言われても、そんな感じは全くしないという……。
普通に大学生くらいの女性に見えてしまうんだよね、これが。

とはいえ、大人という存在を、20代前半かアラサー世代のどちらを想定して見るかは、
その人の年齢や見識に掛かってくるのだろうけど。

相合傘(初回生産限定盤)(DVD付)
剛力 彩芽
SMR (2015-09-02)
売り上げランキング: 900


【剛力彩芽】ヤクルト・ジョア「シンデレラ 階段」篇CM、童話のシンデレラって階段を駆け下りるんじゃなかったっけ?

ワンダーコア スマート「倒れるだけで・収納」篇CM、剛力彩芽が起用されてて驚いた!(宇梶Ver.もあるよ)






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation