寺田心(子役)が出演している森永乳業・ビヒダスBB536「泣かないで(寺田心くん)」篇CM。

今年4月頃に放送していた前回CMでは、ninaちゃんという女の子が出演していたんだけど、
今回からは人気子役の寺田心くんに代わっちゃったのですね。

個人的には、なんだかんだでninaちゃんVer.が好きだったのになぁ、ちょっと残念。

【スポンサードリンク】


「すっぱいぃ……。

 “すっぱい人生は、いけませんね
 “ビフィズス菌が腸まで届く”

 すっぱくなくて、菌もイキイキ。
 家族を思えばビヒダス」


“すっぱい人生は、いけませんね”って、それ子供にかける言葉なのか? と一瞬思ったけれど、
チビっ子とはいえ、子役として芸能界を生きているわけだから、
酸いも甘いも知り得るの立場にいるのは確かなのかもしれない、なんとなく。


以前、ネットで記事を読んだ事があるんだけど、
かなり周りに気遣いができる男の子なんだそうな、心くんって。

そういう風に教えられたのか、周りの素振りを見て自然と身に付いたのか、
どちらにしたって、人間関係を円滑に進めるための知恵なわけだから、
7歳にしてそれをやらなくてはいけないという状況に、酸っぱさを感じざるを得ない……。


本来なら、いつも付き添っているお母さんがその辺を頑張ればいいのだろうけど、
お母さん大好きな心くんのことだ、自分自身もそれをやればお母さんも喜ぶし、
2人を見る周りの目が変わってくるということも理解しているに違いない。

その辺の打算的な考えが、7歳の男の子から見えてしまうのが何とも切なく思う。
もっと子供らしくいて欲しく思うものの、もう無理なんだろうなぁ……。


しかしながら、やっぱりninaちゃんVer.の方がインパクトという点では最高だったよね。


森永・ビヒダスBB536「泣かないで(ninaちゃん)」篇CM、子役の泣き顔(スローモーション)のインパクトが凄い!



顔をクシャクシャにしながら泣く姿が素晴らしい。
心くんの方は、ちょっと上品な感じに見えてあまり面白味が感じられないのかも。

ninaちゃんはリアルに泣いている感じがするのに対して、
心くんは演技してます感が出てしまっている気がするのです、なんとなく。




【木村文乃】MOW(モウ)「毎日おいしいプレミアム」篇CM、モウだからワウ・サウンドにしたのだろうか?(BGMの話)

森永・ビヒダスBB536プレーンヨーグルト「思いをこめて」篇CM、横山剣の歌が“チョコレートは明治”を想起せずにはいられない!






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation