でん六・2015年節分「最後の一粒」篇CM。

個人的には、でん六のCMって久々に見たという感じなんだけど、結構気合が入ってますな。
某SF映画のパロディで全篇CG作品になっているのだろうか。

とりあえず、面白いか面白くないかは別として、それなりにインパクトがあると思います。

【スポンサードリンク】


それに、出てくるキャクターが普通に可愛らしいもんねぇ。

可愛いらしいキャクター同士が、荒廃した惑星?にてバトルを繰り広げる。
ある種特別な趣向をお持ちの方なんかには堪らないシチュエーションかもしれない。


世界の命運は、最後の一粒に託された

豆を食べた“でんちゃん”がパワーアップして、“カブキ鬼”を撃破!
なんだか「ドラゴンボール」の仙豆を、ついつい彷彿させられてしまうものだ。


ま、彷彿とさせられると言ったら、“カブキ鬼”が某SF映画のキャラに見えてしょうがないけれど
カブキ鬼

スター・ウォーズ ダース・モール 闇の狩人 (竹書房文庫)


これは間違いなく、「スター・ウォーズ」のダース・モールを意識しているのだろうね。
CM内でも「豆ウォーズ」と言っていることだし、オリジナルなわけがないか。


しかし、こういったあからさまなパロディって権利的に大丈夫なのかなぁ?

誰にでも分かる形のパロディなので、盗作なんて話にはならないのだろうけど、
権利者に話を通さずに勝手にやってもいいものなのかが気になってしまう。


数年前に「スター・ウォーズ」関連の全ての権利が、ディズニーの管理下に置かれたと思うので、
著作権の問題に対しては相当シビアなことになっていると想像に難くないです。

ま、でん六もちゃんと許可を取っているのでしょう、そう思いたいものだ。


ちなみに、ディズニー製作の「スター・ウォーズ エピソード7」は今年の年末に公開予定。

『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』2015年12月公開の情報まとめ【随時更新】



個人的には「スター・ウォーズ」ってエピソード1しかまともに見た事がないので、
いつかしっかりガッツリと見てみたい映画の1つではあるんだよね。

そのうち時間を作って堪能してみたいとは思います。


スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2011-09-16)
売り上げランキング: 48






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation