横山剣(クレイジーケンバンド)、石川さゆりが出演している森永乳業の
ビヒダスBB536プレーンヨーグルト「思いをこめて」篇CM。

う~む、石川さゆりさんの声にすこぶる癒される、そんなCMですな。
ヨーグルトは、ビ、ヒ、ダス♪」というフレーズが、なんと優しく紡がれたことか。

逆に横山剣ヴァージョンは、なんだか別のCMを想起されられてしまいヤバイですね。

【スポンサードリンク】

ヨーグルトは、ビッ、ヒッ、ダスッ♪

チョコレートは、め、い、じっ♪


ほんと一瞬耳を疑ってしまうほど、「あれ、似てない?」と思わずにはいられない。
CM製作者側からはそういう声は上がらなかったのかなぁ? その辺も疑問に思う。



(↑ おなじみのフレーズは26秒あたりから)


まあ、パクるパクらない以前に、かなり在り来たりなフレーズなので、
似通ってしまうのもしょうがないと言えばしょうがないのかもしれないね。

明治の方からしても、今更パクられてもビクともしないとは思うけれど(定着具合を鑑みて)


とかなんとか上記のようなことを考えつつ、何気にYoutubeで昔のビヒダスCMを検索してみたら
以下のような動画を発見。それなりに衝撃でした。



このCMは1987年のものらしいんだけど、
すでに「ヨーグルトは、ビッ、ヒッ、ダスッ♪」が使用されている模様。
何気にこちらもそれなりに歴史があったわけか、ちょっと驚いてしまった。


あと、数年前イチローが出演していたヴァージョンでも似たようなフレーズが使われてたらしい。



イチロー日々、ビヒダス

このCM自体は多少覚えているというのに、フレーズまでは全然覚えていなかったなぁ。
まあ、僕が知らなかったというだけで森永としてはお馴染みなフレーズという感じなのだろうね。


しかし、30年近く使っているにも関わらず、
世間的にはあまり定着していない気がするのは気のせいだろうか?

なぜ、「チョコレートは明治」とここまで差が付いちゃったのかが気になってしまう。
社名と商品名という違いだけで差が出るとも思えないし、やはり訴求力の違いということなのかな。


【関ジャニ∞】森永・ハイチュウプレミアム「桃太郎」篇CM、現代版では鬼とのいざこざは“お金で解決”しちゃうの!?

森永製菓・ダース「12つぶの物語」篇CM、波瑠主演の恋物語がなかなか面白い

森永「pino」CM、ピノ占いが興味深いのでやってみた

クレイジーケンバンド・ベスト 鶴
クレイジーケンバンド
A-hi Records (2010-02-24)
売り上げランキング: 3,187






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation