ローラ、石橋貴明が出演しているDMMFX「世界第1位」篇・1話。

これまでは「世界第2位」というのをアピールしてきたDMMだけど、ついに第1位になった模様。
それがどうしたの?って話だけど、個人的にはそれにより清原さんが再登場したのが興味深い。

清原さんも色々とトラブルを抱えて芸能界からも干された形になっているものの、
DMMだけは見捨てなかったわけか、なかなかイイ話(?)ですな。

【スポンサードリンク】


「あ、DMMFXが世界何位か分かるの今日なんでしょう?」
「そうなんだよ」

「珍しくソワソワしてる」
「ローラだってソワソワしてるじゃないか」
「ううん、全然」

「はい、はい、なるほど、分かりました」
「どうだった?」
「1位!」

「は、嘘!」
「ほんと!」

「ほんと?」
「そう」

「ほんと??」
「うん」

「ガチョーーーーン!」


ローラ、清原和博が出演しているDMMFX「世界第1位」篇・2話



「お兄ちゃん、DMMFXが世界1位になったんだよ」
「ほんまか? 目出度いなぁ」

「うん」
「お兄ちゃんが取れなかった1位取ってくれて、ほんま有難うな」

「うん、表彰式は明日だよ」
「絶対行くわ。お兄ちゃんもローラの晴れ姿、楽しみにしてるで」

「お兄ちゃんの方が喜んでる」
「いやぁ、そんなことないで。ほな明日な」

「じゃあね、バイバーイ」
「よっしゃーーーーーーー!!!!」


ローラ、清原和博、石橋貴明、小­川直也が出演しているDMMFX「世界第1位」篇・3話



「世界1位に輝いたDMMFXを代表いたしまして、ローラさんのご挨拶です」
「ずっと2位だったから、1位になれて、嬉しい!」

「(お兄ちゃん、来てないかな……)」
「皆で取った、1位だと思う」

「関係者以外の方は立ち入り禁止です」
「なんでや、ようやく1位になったんや、妹の晴れ舞台見に来たんや」

「関係者以外の方は立ち入り禁止です」
「わし関係者やーーーー! わーーーーーー!!」


最後に警備員の方から締め出されてしまう清原さんが、なかなか切ないですな。
ある意味、現在の芸能界での立ち位置を示唆しているようで、感慨深いものがある。

でも、相変わらず他にはない良いキャラをしているのは事実だよなと思えてならない。
需要が有るところには有るんじゃないかと、そんなオーラを醸し出している。

しかしながら、薬物使用疑惑というのも結構なインパクトなわけで、
それが白黒つかずにグレーのままというのが、一番最悪なパターンな気がするものだ。

薬の呪縛から完全に解き放たれ復帰したというのなら、まだ売り出し方が有るのだろうけど、
どっちつかずだとほんと性質が悪い。いっそのことはっきりさせたら良いのにね(してるのか?)


それにしても、このシリーズの一番最初のCMでは、ローラが「(FXは)わからへん♪」とか
言ってたというのに、今では代表してスピーチするほどになっているのですね。

彼女の中で、FXへの理解は進んでいるのだろうか。


ローラ スタイルブック『ROLA'S CLOSET』
ROLA
宝島社
売り上げランキング: 11,225


【矢作兼】DMM英会話「ポテト」篇CM、くだらなさが逆に面白い!(あくまで個人的に)

DMM・三国志戦姫【さんひめ】「三国志戦姫プール」篇CM、まさか“芸能人水泳大会”のパロディ的な感じ!?






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation