具志堅用高、東加奈子、小瀬田麻由、池田成志が出演している
大塚製薬 UL・OS(ウル・オス)CM「男性用なんてもったいない」篇。

ウル・オスCMといったら、石橋貴明、岡田准一というイメージがあったんだけど、
今回からガラッとイメージを変えてきたみたいですな。正直、かなり地味目になった気が……。

皆さん演技が上手いし、個人的には好きな部類なCMではあるものの、
どうにもインパクトが欠けて見えてしまうのも否めないかもしれない、相対的に考えて。

【スポンサードリンク】


「理容 珊瑚礁」

「この間、また若く見られちゃってさぁ」
「へぇ」
「実はこれやってるもので、1日2回」

「それは……私が使いたいと思っていたピンポイント型シミ対策商品。
 美白の有効成分が入っているにも関わらず、1800円の!?」
「そう! でもこれ、男性用なんだ」

「男性用なんてもったいない」
「UL・OS(ウル・オス) 薬用スキンホワイトニング」
「やっとけ、ウル・オス!」


大塚製薬 UL・OS(ウル・オス)CM「男性のシミ問題」篇(夙川アトムが出演)



「(ガチャン)」
「あぁあぁあぁぁ、ちょっと!」
「ごめんなさい」
「シミになっちゃったじゃない!」

「シャツのシミを気にするなら、自分の顔のシミを気にするべきじゃない?」
「放っておいたら顔のシミはどんどん増えますからね」
「毎日鏡を見てこれやりなさいよ!」
「え、ちょっと、顔じゃなくシャツシャツ! シャ、あっ!……あぁ、これ……」


しかし、夙川アトムが普通にメインで出ていて驚いてしまった
個人的には久々に見たんだけど、今ではあの変なサングラスとかしてないのですね。

そんな中で、彼のWikiを見ていてさらに驚愕!


夙川アトム – Wikipedia

2011年に芸人活動を休止し、2012年から俳優を専業としている。


現在は俳優一本で活動しているとは、全然知らなかったなぁ。
バラエティ番組「あらびき団」のイメージが強烈に残っているので、ほんとにビックリです。

Wikiによれば、「過去に映写技師として働いていた」とも書かれていることだし、
その辺の影響から、元々は俳優志望だったりしたのだろうか? ちょっと気になってしまう。


ついでなので、R1グランプリ出場時の映像も紹介しておきます。

R1 2009 夙川アトム



「ずき赤のちゃんねー」という言い回しだけで笑えるというのも凄いな。
「ざかまつ牛のぶしゃぶしゃ」とか言われても、食欲なくしそうな予感。

夙川アトム 第1回単独ライブ ‘FANTASIA’ [DVD]
ポニーキャニオン (2010-05-19)
売り上げランキング: 133,396


【中条あやみ】ポカリスエット「Sing」篇CM、応援しているというより扇動者に見えてしまう

【中条あやみ】ポカリスエット「Jump」篇CM、逆に何かから逃げているように見えてしまう






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation