ローラが出演しているエステ・脱毛 エステティックTBC「ローラ内閣発足 改革案(1)」篇CM。

エステと政治的なものって、まさか過ぎる組み合わせという感じで興味深いですな。
ベクトルがあまりにも違い過ぎるので、その発想はなかったと言わざるを得ない。

でも、“改革”というものをテーマに挙げているのだとしたら、どこにでもある気もするけれど。

【スポンサードリンク】


キレイで世界を変えていく

↑ しかしまあ、予想以上にスケールが大きいものだ。
一国の政権がそこまでのことを考えるというのは、一定の自信があるということなのだろうね。

ま、安倍首相なんかも、前政権と比べてもかなり外交に力を挙げていることだし、
今回CMのキャッチコピーのようにまでいかないまでも、
それなりの影響力を発揮したいと考えているのは間違いないのでしょう。


それにしても、ローラ内閣の閣僚ってやけに人数が多くないかい?
ローラ内閣
数えたところ21人いるように思うんだけど……(数え間違いの可能性も有り)

国務大臣って法律で最大18人までしか選出出来ないはずだというのに(現時点で)
ま、パラレルワールドの日本ということで納得しておこう。


というか、彼らが閣僚ということは、こんなオッサン達が美をつかさどるということなの?
エステに来た女性陣がこういった人達に綺麗にしてもらっていると想像すると何とも言えない。

ここは、そんなステレオタイプな大臣像を描かずに、
ちゃんとしたエステティシャンを大臣っぽくして登場させられば良かった気がしますな。



そして、改革案(1)「まずはワッキーをキレイに」ということで、
剛毛なワッキーがキレイになっていく過程をリポートした動画が公開されています。


TBCリアル脱毛プロジェクト『突撃!リアル体験リポート(1)』

TBCリアル脱毛プロジェクト『突撃!リアル体験リポート(2)』

TBCリアル脱毛プロジェクト『突撃!リアル体験リポート(3)』



動画の30秒あたりからキレイになったワッキーが登場するんだけど、
外国人モデルさん達との気合の入ったポージングに笑わずにはいられない。

ワッキーと見詰め合う外国人女性。よくぞ笑わずに耐えたものだ、素晴らしい。


TBCリアル脱毛プロジェクト『メイキング』



メイキング映像も冒頭から結構面白いです。
ずっと見てると確かにカッコよく見えてくるものだ、不思議。


THE ROLA!!
THE ROLA!!
posted with amazlet at 15.03.14
ローラ
講談社
売り上げランキング: 6,082


CM起用社数ランキング第1位の“ローラ”が、父親のスキャンダルを物ともしない理由

GU・アウター「ザ・ラスト・オブ・ローラ・アントワネット」篇CM、ローラはマリーと違って宮殿からの追放だけで済んだのだろうか?






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation